コラム

「よく冷えたワインを飲みたい!」を叶えてくれる3つのワイングラス&ポアラー

   

よく冷えたワインは夏だけではなく、冬のお鍋のお供にもぴったりだ。

飲もうと思ったワインが買ってきたばかりで冷えていなかったり、温かい部屋の中でぬるくなってしまったりして、残念な思いをした経験がある人も多いだろう。

そんな人にお勧めしたい3つのワインアイテムを紹介したい。

ワインを冷やしてくれるグラス

まずは、ワインを冷やしてくれるワイングラス。アマゾンで購入できるワインを冷やしてくれるグラスには2種類ある。

Dimple self-chilling Stemless Wine Glasses

コーン上の突起物にジェルが入っており、凍らせたものをグラス下部に差し込むだけで、冷えたワインを30分間楽しむことができる。

材質は手吹きガラスとステンレススチール。容量は22oz(約650ml)と大きめだ。

Amazonでの販売価格は2セットで1万6100円ほど。ちなみにアメリカのAmazonでは49.99ドル(約5636円)から販売されている。

「30分では飲み終わらない」「ゆっくり時間をかけてワインを楽しみたい!」という人には、グラス2セットと、6つのコーンがセットになったものが、1万9000円程度で購入可能だ。

レビューを見てみると「割れやすい」という声があがっているので、取り扱いは慎重に。

Host Wine Freeze Cooling Cups

冷凍庫で冷やしておけば6~11℃のワインを楽しめて、冷蔵庫で冷やせば14~16℃のワインを楽しめる。ワインに合わせて温度の調節ができるのが魅力のワイングラスだ。

こちらの価格は2セットで7145円。「数回使っただけでひびが入った」というレビューもあるので、注意が必要だ。

ワインボトルを冷やしてくれるポアラー

また、ワインボトルを冷やしてくれるポアラーもある。

ワインボトルを冷たく保つには、氷を入れたワインクーラーを使うのが一般的だ。しかし、テーブルの上に置くときや保管するときに、スペースを取ってしまうという欠点がある。

狭いスペースで使いたいときに役立つのが、クーリングジェルの入った棒がついたタイプのこちらのポワラーだ。使い方も簡単で、あらかじめ冷凍庫で冷やしておいたポワラーを、ワインボトルに差し込むだけだ。

ただし、差し込むためには、あらかじめ1杯分のワインを外に出さなくてはいけない。価格は9600円ほど。

CHILL Cooling Pour Spout from True Fabrications on Vimeo.


紹介した3つのアイテムの価格は、いずれも日本からでAmazonで購入したときの金額だ。eBayなどを使えば、もっと低価格で購入できる場合もある。気になる人はいろいろと検索してみるといいだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  シズカ
シズカ

国内外のワイン情報を発信いたします