2018年1月

ホットワインにもおすすめ、熱湯・電子レンジOKの「耐熱フレーバーグラス」を発売

耐熱ガラス製品を扱うHARIOは2017年12月18日、ワインをはじめ、さまざまな飲み物に利用できる「耐熱フレーバーグラス」を発売した。シンプルなワイングラスの形状で、飲み口がややすぼまっているため、飲み物の香りを逃がさず楽しむことができる。

ワインは、注ぐグラスの形状によって味わいが変わると言われる。一般的なワイングラスは、飲み口である上部のリムがすぼまり、下部のボウルの形状によってワインの香りや味が左右される。そのため、ワインの種類や楽しみ方によって、さまざまな形状のワイングラスが用意されている。

新発売の「耐熱フレーバーグラス」は、ワイングラスの形状を採用し、飲み物の香りをしっかりと楽しむことができる。耐熱グラスのため、ホットワインやお茶などの熱い液体を注ぐこともできる。電子レンジでの温めにも対応しており、グラスに注いでから温めたり、冷めた飲み物を再度温めることも可能だ。また、長年使用しも曇りにくく、食洗器で洗うことも可能だ。

サイズは85×155mmで、満水時の容量は370ml。価格は1620円となる。

<関連リンク>
ワイングラスでお茶をどうぞ。お茶の香りを愉しめる、レンジも使えるワイングラスHARIO「耐熱フレーバーグラス」新登場。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。