2018年2月

故ベルンハルト・フーバー氏のグラン・クリュがセットになった「Art of Huber」を発売

味覚だけでなく、視覚でもワインを楽しめるセットの第2弾が登場する。ワサヴィは2018年1月25日、ドイツのワイナリー「ベルンハルト・フーバー」のワイン4本とその生産者に焦点を当てたドキュメンタリー映像をセットにした「Art of Huber」を発売した。

ワサヴィが展開する「Art of wine」シリーズの新作で、2016年に発売された「Art of Champagne」に続く第2弾となる。生産者のベルンハルト・フーバーは、天才的なワインのつくり手として知られる“ドイツ ピノ・ノワールの父”とも呼ばれ、最高峰のピノ・ノワールワインの生産者として名高い。ベルンハルト・フーバー氏は、2014年に55歳の若さで逝去し、現在では彼が手掛けたワインを入手するのは極めて困難だ。

今回ワサヴィでは、同氏が手掛けた「マルター ディンガー ビーネンベルグ 2011」「ボンバッハー ゾンマーハルデ 2011」「ヘックリンガー シュロスベルク 2011」「ヴィルデンシュタイン 2011」の4本と、現地で撮影したオリジナル・ムービー、ガイドブックをセットにした。オリジナル・ムービーは、故ベルンハルト・フーバー氏にスポットを当てたドキュメンタリー仕立てで、醸造所の内部やドローンによる空撮映像など、見ごたえのある内容になっている。

価格は7万3000円(税別)で、50セットの限定販売となる。4本のワインは、日本で入手できる故ベルンハルト・フーバー氏の最後のグラン・クリュになるという。

<関連リンク>
「Art of Wine」第2弾!! まるで映画のような現地映像と共に愉しむ、五感震える、究極のワイン体験

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。