2021年02月

世界最高のワイン執筆者による、7年ぶりの最新刊『世界のワイン図鑑 第8版』刊行

ガイアブックスは2021年1月20日、ヒュー・ジョンソン/ジャンシス・ロビンソン著『世界のワイン図鑑 第8版』を刊行した。世界のワイン業界の最新情報を盛り込んだ、本格的なワイン参考書となる。全416頁で、本体価格は1万3000円(税別)。

『世界のワイン図鑑』は、1971年に初版が出版された、イギリスの『The World Atlas of Wine』の日本語版だ。第5版を皮切りに、第6版、第7版を発行しているが、2014年の第7版から7年ぶりの最新刊となる。

著者は、50年以上にわたってワインに関する執筆を続けてきたヒュー・ジョンソンと、イギリスのワイン専門誌『デキャンター』で“世界で最も尊敬を集めるワイン・ライターでありジャーナリスト”と評されたジャンシス・ロビンソンだ。世界最高のワイン執筆者と呼ばれる2人が今回もタッグを組み、最新情報を徹底して取り上げた。

第7版では多数掲載していたボトルのラベル数を減らし、本文を16ページ増やして、各生産地についてより詳しく記載している。収載した230葉もの地図のうち、コート・ド・ニュイやクリュ・ボジョレ、メキシコ、南ウルグアイ、チリなど、20の国や地域の地図を新装した。

また、新たに各生産地の緯度や気象データ、生産されるぶどう品種を表にまとめて紹介している。一部の産地は土壌の分布図も掲載しており、ワインとその出生地との関係を理解するのに役立つ。

包括的な内容で使いやすいため、ソムリエなどワインのプロからワイン業界関係者、ワイン愛好家まで、多くの人に納得の1冊となっている。

<関連リンク>
『世界のワイン図鑑 第8版』は徹底して最新情報に改められ、劇的な躍進を遂げた。地理的な側面から深く本質を考察した本として、誰もが認める不朽の名作である

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  maomi

教育機関で中日翻訳に携わったのち、フリーライターに転身。教育、旅行、グルメを中心に執筆を行う。