未分類

ワインづくりを体験、「サントネージユ・ニッカ余市ヴィンヤードサポーター」募集開始

アサヒビールは2017年11月21日、ワインづくりを苗木の植樹から体験できる「サントネージユ・ニッカ余市ヴィンヤードサポーター」の募集を開始した。ぶどう栽培の農作業を体験してもらうことで、日本ワインと同社のワインブランド「サントネージュ」の魅力を広めることを目指す。

「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード」は、北海道余市にある広さ4haのぶどう畑だ。2017年3月に同地を取得してから、順次ぶどう畑として整地し、2023年のファーストヴィンテージ発売を目指している。余市は、北海道の中でも果実栽培で知られている地域で、ワインのためのぶどう栽培にも適しているという。

アサヒビールでは、同ヴィンヤードでのぶどう栽培にあたり、サポーター制度を導入。一般の人にぶどう栽培を一から体験してもらうというもので、専門の栽培家と共に、苗木の植樹、芽かき、剪定、収穫といった農作業に取り組む。

サポーターの募集期間は2018年1月19日までで、募集人数は30人。登録費用は1080円となる。サポーターには、2023年発売予定のファーストヴィンテージがプレゼントされる予定だ。

<関連リンク>
「サントネージユ・ニッカ余市ヴィンヤードサポーター」募集開始

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。