コラム

「ニューワールドで一番」の評価も。140年以上にわたりチリワインを牽引するサンタ カロリーナ ~ 解説:チリ名門ワイナリー

チリのワイナリー「サンタ カロリーナ」は2018年、イギリスの調査会社、ワインインテリジェンスの世界的な消費者調査を基にしたランキング「POWERFUL WINE BRAND TOP15」にランクインした。

このランキング以外にも世界各国で高い評価を受け、チリを代表するワイナリーとなっているサンタ カロリーナ。今回は創業から140年以上を誇るサンタ カロリーナの歴史とワインづくりのこだわりなどについて、ご紹介していこう。

サンタ カロリーナのエピソード

サンタ カロリーナはチリの首都サンティアゴ近郊にあるワイナリーだ。創業1875年、140年を超える歴史を持つこのワイナリーは、様々な挑戦を続け、優れたワインを生産してきた。

「サンタ カロリーナ」というワイナリー名は、創業者ルイス・ペレイラ・コタポスの妻カロリーナ夫人の名前が由来になっている。カロリーナ夫人を冠したワイン「サンタ カロリーナ レセルヴァ」は、ホスピタリティにあふれてもてなし上手だった夫人への敬意を表し、彼女の横顔をラベルに採用した。



由来となったカロリーナ夫人は、もてなしの場のインテリアや音楽にまでこだわり抜き、おもてなしのプロとして地元の人たちから愛されていたという。そんなカロリーナ夫人のおもてなしの心を受け継いだのか、サンティアゴ中心部から地下鉄でアクセスの良いサンタ カロリーナのセラーは、結婚式場やパーティー会場として一般に開放されている。

サンタ カロリーナの歴史

サンタ カロリーナは、銅鉱山により大成功を収めたルイス・ペレイラ・コタポス氏が1875年に立ち上げたワイナリーだ。

コタポス氏は、後にチリの外務大臣に就いた人物でもある。1877年には、理想的な醸造所を建設するため、フランス人設計士のエミリオ・ドワイエール氏を招聘。1880年に完成したこだわりのセラーは、チリの国定記念建築にも認定されている。



サンタ カロリーナのワインづくりに関しては、ブルゴーニュ出身の醸造家を招いてスタートした。創業当時からテロワールを重要視。その結果、1889年にはフランスのパリ万博で「レセルヴァ・デ・ファミリア カベルネ・ソーヴィニヨン」(当時は別名称)が金賞を受賞。チリワインが世界に認められるきっかけのひとつとなった。

その後、同社はチリを代表するワイナリーとして躍進。現在では世界80カ国以上で愛飲されている。

冒頭で触れたように、2018年にはワインインテリジェンスによるランキング「POWERFUL WINE BRAND TOP15」において14位に入り、2015年には『ワインエンスージアスト』誌により「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」(ニューワールド部門)に選ばれるという快挙を成し遂げる。

サンタ カロリーナのワインづくり

常に革新を追い求める醸造責任者、アンドレス・カバレロ氏

現在、サンタ カロリーナのワイン醸造を担当するのはアンドレス・カバレロ氏だ。2005年より同社の醸造責任者に就任。同社の伝統を大切に守りながら、革新的な取り組みにいくつも挑戦している。現在の快進撃の立役者とも言えよう。

また、アンドレス氏は大の日本びいき。何度も来日し、日本の食事の研究を重ねている。日本の食事に合うワインについても多くの時間を割いて考案し、同社の日本向け商品「サンタ・バイ・サンタ カロリーナ」の開発につなげている。

テロワールに適したぶどう品種を栽培

チリは西側に太平洋、東側にアンデス山脈が走り、地中海気候の影響を強く受ける。太平洋に近い冷涼なDOレイダ・ヴァレーではピノ・ノワールやソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネといったぶどうを栽培。冷たい風や朝霧の効果で、美しい酸を携えたぶどうを収穫できる。

少し南に下がった山脈寄りのコルチャグア・ヴァレーDOやカチャポアル・ヴァレーDOでは、温暖ながらも昼夜の大きな気温差を生かし、ボルドー品種のカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー、またチリ固有の品種であるカルメネールが育てられている。

チリワインの先駆者としてのワインづくり

140年を超える歴史の中、フランス系ぶどう品種の導入やフランス人醸造家の招聘などに早い時期から取り組み、常にチリのワイナリーの先駆者であり続ける同社。品質保証面でも、チリのワイナリーで初めてISO22000を取得した。

サステイナブルの観点からも、環境に優しいぶどう栽培・ワインづくりを進め、チリワイン協会のサステイナブル認証を受けている。

サンタ カロリーナのおすすめワイン

サンタ・バイ・サンタ カロリーナ


日本向けに開発したカジュアルワインシリーズ。リーズナブルながらもしっかりした果実味が楽しめる。

サンタ カロリーナ レセルヴァ


カロリーナ夫人の横顔をラベルにあしらった「おもてなしワイン」シリーズ。適度なボリューム感とエレガントな味わいで、バランス良好。

サンタ カロリーナ・レセルヴァ・デ・ファミリア


パリ万博で金賞を取って以来、多くの受賞歴を誇る人気シリーズ。凝縮感と土地の個性が出ている。

エレンシア


チリ最高峰のカルメネールとの呼び声も高い高級ワイン。専門誌の評価も高く、争奪戦になる逸品だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  Yayoi Ozawa
Yayoi Ozawa

フランス料理店経営ののち、ワインとグルメ、音楽を専門とするライターへ転身