未分類

5人のファイナリストが競う、「ポメリー・ソムリエコンクール 2019」決勝戦開催

ヴランケン ポメリー ジャパンは、同社が主催する「ポメリー・ソムリエコンクール 2019」の準決勝戦と決勝戦を、2019年5月22日に開催する。会場は東京會舘(東京都千代田区)で、決勝戦は一般公開される。

ポメリー・ソムリエコンクールは、スパークリングワインに特化したソムリエコンクールだ。2017年に続き、今年で2回目の開催となる。同コンクールでは、シャンパーニュをはじめとする世界のスパークリングワイン(日本酒スパークリングを含む)に関する知識や技術、表現力、サービス、提案力、ガストロノミーとしてのシャンパーニュなどが総合的に審査される。

準決勝には、同年4月15日に東京と大阪で開催された予選を突破した12人が参加する。これを勝ち抜いたファイナリスト5人によって、一般公開の決勝戦が開催される。審査委員長に日本ソムリエ協会常務理事の森覚氏を迎え、同協会副会長の石田博氏、前回大会の優勝者の野坂昭彦氏、全日本最優秀ソムリエコンクール優勝者の岩田渉氏が審査委員を務める。

決勝戦は午後2時30分~午後6時に開催予定で、先着200人が観覧できる。入場は無料。決勝戦後、表彰式およびガラディナーが開催される。こちらは完全予約制で、定員は120人。会費は1人3万円となっている。

<関連リンク>
「ポメリー・ソムリエコンクール 2019」準決勝進出者12名決定!5月22日(水)公開決勝を開催

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。