未分類

甲州ぶどうを使ったオレンジワイン「プレステージクラス オランジェ 2019」発売

ルミエールワイナリーは2020年6月10日、オレンジワインの新ヴィンテージ「プレステージクラス オランジェ 2019」を発売した。山梨県産の甲州ぶどうを使用している。

ルミエールは、山梨県笛吹市に位置するワイナリー。1885年の創業以来、“本物のワインを造るには、本物のぶどうを育てること”という教えを守り、品質にこだわったぶどう栽培とワインづくりをしている。

今回、単一品種シリーズの「プレステージクラス」から、オレンジワインの新ヴィンテージ「プレステージクラス オランジェ 2019」を発売。オレンジワインは近年注目を集めているワインのカテゴリーで、白ワイン用のぶどうを使って、赤ワインと同じようにつくられている。

「プレステージクラス オランジェ 2019」は、山梨県産の甲州ぶどうのみを使用し、ぶどうを破砕しないマセラシオン・カルボニック製法で醸造している。ぶどうを果皮ごと発酵させることで色素が溶け込み、果皮や種からうま味を引き出しながら、美しいオレンジ色のワインに仕上げた。バナナやアプリコットのような香りと、心地よい酸、優しい味わいが楽しめる。

価格は2200円(税込)。ルミエールのワイナリーショップ、東京ショップ、オンラインショップのほか、全国の取扱店で購入できる。

<関連リンク>
「プレステージクラス オランジェ」 ヴィンテージ切り替えのお知らせ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。