未分類

メルシャンが「アルベール・ビショー」など12種を発売、フランスワインのラインナップを拡大

メルシャンは2016年2月3日、輸入ワインの中でも人気の高いフランスワインのラインアップを拡大し、新たに12種を発売すると発表した。手軽に楽しめるカジュアルなワインや中・高価格帯のワイン、業務専用のワインなど、幅広い種類を揃えた。

160206_メルシャン

日本の輸入ワイン市場は、2007年以降、継続的に伸び続けている。中でも、フランスワインは高い人気を誇り、ブルゴーニュ地方やシャンパーニュ地方などのワイン生産地が世界遺産に登録されるなど、輸入ワインの中でもひときわ目立つ存在となっている。

今回、同社が新たに発売するのは、中高価格帯の「アルベール・ビショー」「カノン・デュ・マレシャル」、手頃に楽しめる「シャトー・オー・トゥリュケ」「シャトー・レゼムリー」、業務用専用の「ジャン・ダルモン」などの12種となる。

発売は「アルベール・ビショー」など11種が同年4月5日から、「シャトー・サン・ジュリアン・ド・セプティム」が同年4月26日から。価格はいずれもオープンとなっている。

<関連リンク>
メルシャン、フランス産の中高価格帯ワインなど12品を発売

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。