未分類

マンスリー シャトー・メルシャン、10月は秋の夜長にぴったりの「シャトー・メルシャン プレステージワインセット」を発売

メルシャンが2016年3月から行ってきた「マンスリー シャトー・メルシャン」企画。10月は、“秋の夜長にワイン語り。”をテーマに、「シャトー・メルシャン プレステージワインセット」が発売される。シャトー・メルシャン最高峰の赤・白ワインをセットにしたもので、同年10月6日より、キリンオンラインショップ「DRINX」で販売を開始した。

161007_%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3

マンスリー シャトー・メルシャンは、季節に合わせてワインを提案する企画で、2016年3月より月ごとのテーマに沿ったワインセットを販売してきた。3月の“お花見”に始まり、7・8月は“世界に羽ばたく日本ワイン”、9月は“豊穣の秋を味わい尽くすマスカット・ベーリーA”など、ユニークなセットを展開してきた。

10月のテーマは“秋の夜長にワイン語り。”で、シャトー・メルシャン最高峰のワインとされる「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー 2005」「同 北信シャルドネ 無濾過 2012」の赤白各1本のセットが発売される。

赤ワインの「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー 2005」は、長野県塩尻市桔梗ヶ原で収穫したメルローのみで醸造している。良いぶどうが収穫できた年しかつくらない“シグナチャー”で、かつヴィンテージは2005年と、日本ワインでは珍しい長期熟成のワインとなっている。

また、「シャトー・メルシャン 北信シャルドネ 無濾過 2012」は、長野県北信地区で収穫されたシャルドネを使った白ワイン。オリ(澱)引き後、一切ろ過をせずに仕上げたワインで、2016年6月にスロベニアで開催された「リュブリアーナ国際ワインコンクール2016」で金賞を受賞した2012年ヴィンテージをセットにした。

価格は3万9960円で、20セット限定での販売となる。

<関連リンク>
メルシャン、DRINX限定「シャトー・メルシャン プレステージワインセット」を発売

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。