2020年04月

ルイナール、環境に優しいサステイナブルパッケージ「セカンドスキン」を発表

MHD モエ ヘネシー ディアジオは2020年3月16日、同社が取り扱うシャンパーニュメゾン「ルイナール」が、リサイクル可能な紙パッケージ「セカンドスキン」を開発したと発表した。

ルイナールは、1729年創業の世界最古のシャンパーニュメゾンの1つだ。1764年にはロゼシャンパーニュを他に先駆けて市場に出すなど、常に革新的なワインづくりに取り組んでいる。そんなパイオニア精神にあふれるメゾンが、2年以上もの期間をかけ、サステイナブルパッケージを開発した。

今回開発したセカンドスキンは、天然木質繊維からつくられた紙を使用しており、100%リサイクルが可能だという。それでいて白亜のような高級感のある質感に仕上がっており、ルイナールならではのこだわりが感じられる。プラスチックを一切使用していないため、通常のギフトボックスよりも9倍軽い。また、梱包における二酸化炭素排出量を60%削減するなど、環境に配慮したパッケージに仕上がっている。

新パッケージは、「ルイナール ブラン・ド・ブラン」「ルイナール ロゼ」専用のギフトボックスとして使用される。現在のギフトボックスに代わり、西ヨーロッパでは同年冬から、日本では2021年春からの展開を予定している。

<関連リンク>
創造性と革新性を追求する世界最古のシャンパーニュメゾン「ルイナール」/環境問題を配慮し、プラスチック不使用&100%リサイクル可能なサステイナブルパッケージ『セカンドスキン』を発表!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。