コラム

サステイナブルなカリフォルニアワイン6本 ~ カベルネ・ソーヴィニヨンを飲み比べ

前回の記事でご紹介したように、アメリカのカリフォルニア州では、サステイナブル(持続可能)なワインづくりが急速に広まりつつある。

これは小さなワイナリーのみならず、大量生産ができるキャパシティのある大きなワイナリーも例外ではない。それどころか、誰もが知るメジャーなワイナリーが、サステイナブルなワインづくりを牽引しているという。

それでは、どんなワイナリーがサステイナブルな取り組みをリードしているのだろうか。いくつかのつくり手のカベルネ・ソーヴィニヨンを試飲する機会に恵まれたので、彼らの取り組みとともにご紹介していきたい。

ランゲ・ツインズ カベルネ・ソーヴィニヨン2014


生産地:ローダイ
小売価格:3300円

サステイナブル認証:ローダイ・ルール
具体的な取り組み:野生動物のための巣の活用 / ソーラーパワーの活用 / ドリップ式灌漑の採用 / 最新の水リサイクルシステム

ローダイは昼夜の気温差がある。また川や海からの湿った空気が霧を発生させることもあり、その冷却効果がぶどうにエレガントな酸を与えている。
そのため、いわゆるカリフォルニアのカベルネのジャム感の強い印象より、ぐっと上品な味わいだ。

ウェンテ・チャールズ・ウェットモア カベルネ・ソーヴィニヨン2015


生産地:リヴァーモア
小売価格:3600円

サステイナブル認証:CCSW (Certified California Sustainable Winegrowing)、IPMイノベーター・アワード受賞
具体的な取り組み:ドリップ式灌漑の採用 / ウェザーステーション(事前に天気を細かに予測できるシステム)を使用し農薬の使用の効率化 / 最新の水リサイクルシステム / 搾りかすのコンポストへの転用 / サンクチュアリとして認定(七面鳥)

カベルネ・ソーヴィニヨン8割弱にマルベック、プティ・ヴェルド、プティ・シラーをブレンド。こちらの産地のリヴァーモアもローダイと同じく、地形的に冷却効果があるため、ボルドー赤を彷彿とさせる上品な味わいに仕上がる。

スターレーン・ヴィンヤード カベルネ・ソーヴィニヨン ハッピー・キャニオン・オブ・サンタ・バーバラ2013


生産地:サンタ・バーバラ
小売価格:7000円

サステイナブル認証:CCSW
具体的な取り組み:土壌分析に基づき必要なだけの施肥 / キャノピーマネジメントによる樹勢の管理 / マイクロ・イリゲーション(灌漑)の導入による水使用量の最適化 / 農薬の河川や周辺へ拡散防止 / フクロウ巣箱の設置 / カバークロップの活用

「ハッピー・キャニオン」と呼ばれる山麓に広がる畑で採れたぶどうを使用。ぶどうは山麓を吹き抜ける風に育まれ、キメの細かい味わいと端正なタンニンが特徴。クラシックなボルドーブレンドを美しく仕上げている。
ちなみにハッピー・キャニオンでは、禁酒法時代に蒸留酒をこっそりつくっていたそうだ。「ハッピーになりに労働者が向かう場所」という意味合いで、つけられた地名だ。

ボーリュー・ヴィンヤード ラザフォード カベルネ・ソーヴィニヨン 2014


生産地:ラザフォード
小売価格:7862円

サステイナブル認証:CCSW、トレジャリー・ワイン・エステーツの社内基準に準拠
具体的な取り組み:水・電気・燃料の使用量を記録 / 搾りかすのコンポストへの転用 / LED照明の採用 / 発酵タンク温度の管理のために糖度のリアルタイム分析

ボーリュー・ヴィンヤード ラザフォード カベルネ・ソーヴィニヨンは、「ウルフ・ブラス」や「ペンフォールズ」など、有名なブランドを数多く傘下に置く世界的なワイン会社「トレジャリー・ワイン・エステーツ(TWS)」の傘下のワイナリーでつくられている。
TWSにはサステイナビリティに関する厳格な社内基準があり、各国のワイナリーではその基準に沿ったワイン醸造をしているという。
ボリューム感があり力強く、同時に温かみもある、カリフォルニアらしさを存分に感じられるカベルネ・ソーヴィニヨンだ。

ロバート・モンダヴィ・ワイナリー オークヴィル カベルネ・ソーヴィニヨン 2013


生産地:オークヴィル
小売価格:1万320円

サステイナブル認証:CCSW、ナパ・グリーン(ワイナリー&ランド)、IPMイノベーター・アワード受賞
具体的な取り組み:猛禽類のための止まり木の設置 / 搾りかすのコンポストへの転用 / カバークロップの活用 / 水のリサイクル(年間100万ガロン以上)

「ロバート・モンダヴィ」といえばカリフォルニアワイン界、いや世界のワイン界に君臨してきた”巨人”といったイメージがある。
だが、実は20年以上前からサステイナビリティを推進する取り組みに力を入れ、運動を牽引してきたパイオニアでもある。
こちらは優雅かつ引き締まったボディが美しい、素晴らしいワインだ。

リッジ・ヴィンヤーズ カベルネ・ソーヴィニヨン・エステート 2013


生産地:サンタ・クルーズ・マウンテンズ
小売価格:1万2000円

サステイナブル認証:CCOF(California Certificated Organic Farmer)、Fish Friendly Farms
具体的な取り組み:水のリサイクル / コンポストの利用 / カバークロップの活用 / ソーラーパネルの設置

カリフォルニアを代表するワイナリー「リッジ・ヴィンヤーズ」。リッジもサステイナブルなワインづくりに早くから、そして積極的に取り組んできたワイナリーだ。
シルキーな口当たり、エレガントな味わいと滑らかで引き締まったタンニンのバランスが絶妙な1本。同社のフラッグシップ「モンテベロ」と同じ畑のぶどうを使用してつくられるが、数十年の熟成能力を持つモンテベロに対し、早くから楽しめるように仕上げている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  Yayoi Ozawa
Yayoi Ozawa

フランス料理店経営ののち、ワインとグルメ、音楽を専門とするライターへ転身