コラム

2019年は亥年、新年は縁起の良いイノシシラベルの「干支ワイン」とともに迎えよう

   

あっという間に2018年も終わりが近づいてきた。新年に向けていろいろと準備を始めた人もいるのではないだろうか。

新年には家族や旧友など、何かと人が集まる機会が増える。そうした新年の集いで注目を集めそうな手土産にぴったりなワインを紹介しよう。

イノシシのシルエットを描いた縁起のいい赤・白ワイン

今回取り上げるのは、オーガニックワイン専門店のマヴィが発売している「干支ワイン」だ。躍動感のあるイノシシのシルエットと、華やかな水引がデザインされた縁起のよいボトルが目を引く。

白ワイン|干支ワイン (亥)  ボルドー(アントル ドゥー メール)白


和食や御節に合う華やかでフルーティな辛口。フレッシュさが感じられる状態で、和食の味を引き立てる1本だという。

赤ワイン|干支ワイン (亥) ボルドー 赤


ちょうど飲みごろに熟成し、まろやかになってきているという赤ワイン。ボルドーワインと言えばしっかりした肉料理に合うというイメージがあるが、バランス抜群で幅広い料理と相性の良い1本だという。好みを問わないおいしさは贈り物にもぴったり

いずれも、ボルドーの生産者ピヴァ家が手掛けた確かなオーガニックワインだ。

生産者との交流から生まれた干支ワイン

干支ワインは、生産者であるピヴァ家との交流から生まれたワインだという。

創業当時から付き合いのあるピヴァ家には、毎年1月にフランスで開催されるオーガニックワイン見本市「ミレジムビオ」を訪れる際に、お正月に購入した干支の土鈴をプレゼントしていた。

干支がほぼ一周りしたころ、マヴィの田村安代表取締役がピヴァ家のシャトーを訪れると、暖炉の上には干支の置物が並んでいた。そこから「干支のラベルのワイン」を思いついたのだそうだ。その場でピヴァさんに相談したところ、「ぜひやってみよう」となったという。

ワイン生産者との親交を大切にしており、家族のように付き合っているマヴィらしいきっかけで、干支ワインはスタートした。

今すぐ飲んでも1~2年寝かせても可

「新成人の方へのお祝いや亥年生まれの方へのお誕生日プレゼントなど、お正月以外の贈り物にもおすすめ」という干支ワイン。その楽しみ方を、マヴィの大山さんに伺った。

お正月はお節料理に限らず、家族や親戚がそろってごちそうを囲む機会も多いと思います。

食材も吟味され手間ひまかけたお料理には、丁寧に素直につくられたオーガニックワインがぴったりです。

余計な邪魔をせずぴったり寄り添い、団らんのひとときをより一層おいしく彩ってくれるでしょう。

亥ワインは今すぐ飲んでもおいしいですし、1~2年は変化を楽しめます。赤も白も、今後さらに熟成していきますが、それに伴って料理との相性も変化していきます。

赤はよりまろやかさが進むので牛よりも鶏肉や豚肉を使った軽やかなお料理に、白は今後より深みが出てくるためクリームを使ったお料理に合うようになっていきます。

新年を縁起のいいラベルのオーガニックワインとともに、スタートさせてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  シズカ
シズカ

国内外のワイン情報を発信いたします