コラム

「カリフォルニアワイン バイ ザ グラス プロモーション」参加店で選ばれた12本のトップワイン

カリフォルニアワイン協会(CWI)は、2019年4月1日~5月31日の2カ月間、さまざまなカリフォルニアワインをグラス単位で楽しめる「カリフォルニアワイン バイ ザ グラス プロモーション 2019」を開催した。

[関連記事]
「カリフォルニアワイン バイ ザ グラス プロモーション 2019」を全国で開催

レストランやバー、ホテルなど日本全国から190店が参加した同プロモーションでは、12店舗の優秀店が選出された。同年7月1日に開催された授賞式では、参加店で選ばれた12本のトップワインリストも発表された。

参加店で選ばれた12本

トップワインリストに選ばれた12本は以下の通り。同プロモーションに参加した店舗で、実際に来店客が注文した人気のワインがリストアップされたものだ。

選出されたワインは赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインの4カテゴリに分かれており、会場では各カテゴリで一番人気だったワイン4本について、華やかなフードペアリングも紹介された。手掛けたのは、東京ミッドタウン日比谷内にある「DRAWING HOUSE OF HIBIYA」だ。

パイパー・ソノマ ブリュット ソノマ・カウンティ 2015

種類:スパークリング
アルコール分:12.6%
参考価格:4000円

【ペアリング】
ラングスティーヌとジュンサイ・オクラのカクテル

フランシス・コッポラ ソフィア ブリュット ロゼ モントレー・カウンティ 2015

種類:ロゼ
アルコール分:12%
参考価格:3680円

【ペアリング】
桃とリコッタ キャビア添え

ベリンジャー・トンネル・オブ・エルムズ・シャルドネ 2017

種類:白
アルコール分:14.5%
参考価格:1200円

【ペアリング】
とうもろこしのムースと生うに、和牛と生こしょうのタルト

オニール ヴィントナーズ&ディスティラーズ レッドツリー・シャルドネ 2016

種類:白
アルコール分:14.6%
参考価格:1600円

オニール ヴィントナーズ&ディスティラーズ ライン39 ソーヴィニヨン・ブラン2016

この投稿をInstagramで見る

CHEERS TO THE WEEKEND 🎉 #raiseaglass #line39wine

Line 39 Wineさん(@line39wine)がシェアした投稿 –

種類:白
アルコール分:14.5%
参考価格:2400円

ニュートン・アンフィルタード・シャルドネ 2016


※画像は2015年ヴィンテージのもの

種類:白
アルコール分:13.8%
参考価格:6250円

ベリンジャー・ファウンダース・エステート・ソーヴィニヨン・ブラン 2016

種類:白
アルコール分:13.0%
参考価格:2000円

ベリンジャー・トンネル・オブ・エルムズ・カベルネ・ソーヴィニヨン 2017

種類:赤
アルコール分:13.5%
参考価格:1200円

【ペアリング】
鮎と里いも、枝豆と大葉

オニール ヴィントナーズ&ディスティラーズ レッドツリー・カベルネ・ソーヴィニヨン 2017

種類:赤
アルコール分:13.5%
参考価格:1600円

オニール ヴィントナーズ&ディスティラーズ レッドツリー・ピノ・ノワール 2017

種類:赤
アルコール分:13.5%
参考価格:1600円

ウッドブリッジ・バイ・ロバート・モンダヴィ・ジンファンデル 2015

種類:赤
アルコール分:13.5%
参考価格:1160円

ナカイヴィンヤード メルロー2013年エステートボトル

種類:赤
アルコール分:14.9%
参考価格:4000円

愛好家から初心者まで楽しめるカリフォルニアワイン

トップワインリストに多く選出された「ベリンジャー」は、漫画『神の雫』でも一流ワイナリーとして紹介された、ナパ・ヴァレー最古のワイナリーだ。白ワイン2種、赤ワイン1種がトップワインリスト入りを果たしている。

また、手頃な価格で確かな味わいが楽しめる、コストパフォーマンスに優れた「オニール ヴィントナーズ&ディスティラーズ レッドツリー」シリーズからは、白ワイン1種、赤ワイン2種が選出された。

品質の高さから、ワイン愛好家に人気の高いカリフォルニアワイン。なかなか手を出しにくいという人もいるかもしれないが、カリフォルニアワイン協会の共同代表である扇谷まどかさんは、カリフォルニアワインの魅力について次のようにコメントしている。

「カリフォルニアワインは、開けてすぐに飲めて、親しみやすいのが大きな魅力。カリフォルニアの風景が浮かぶような果実感のあるワインが多く、ワイン愛好家だけでなく、ワイン初心者の方にも楽しんでもらえる」

「カリフォルニアワインに興味はあるけれど、何を飲んだらいいのか分からない」という人は、まずはこのリストから選んでみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  シズカ
シズカ

国内外のワイン情報を発信いたします