未分類

青森県産りんごを100%使った「ニッカシードル トキりんご」期間限定で販売

アサヒビールは2020年6月2日、青森県産のりんごのみでつくられた「ニッカシードル トキりんご」を発売する。青森県で収穫したトキりんごを使用し、低アルコールで飲みやすい1本になっている。

「ニッカシードル」は、アサヒビールが展開する国産りんご100%のスパークリングワインシリーズだ。1956年に前身となる「アサヒ シードル」が発売され、以来50年以上にわたり、つくり続けられている。現在は、甘くてフルーティな味わいが特徴の「シードル・スイート」、すっきりとした味わいの「シードル・ドライ」、華やかな「シードル・ロゼ」が販売されている。

今回、発売するのは、青森県産のトキりんごを100%使って醸造した「ニッカシードル トキりんご」だ。トキりんごは青森県を代表する黄色のりんごで、甘さが強く、控えめな酸味を特徴とする。

糖類や香料を加えず、トキりんごらしい爽やかな甘みと香りを引き出し、飲みやすく仕上げている。アルコール度数は3%と低めで、アルコールが苦手な人も楽しめる軽さだ。

期間限定で販売され、価格はオープン。200mlボトルと720mlボトルの2種類を提供する。

<関連リンク>
青森県産「トキりんご」を100%使用『ニッカシードル トキりんご』6月2日(火)発売!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。