コラム

2020年のボージョレ・ヌーボー、主要20銘柄を総チェック! 日本限定ヌーボー、ラストヴィンテージなど

   

INDEX

来る2020年11月19日は、ワイン好きが心待ちにする「ボージョレ・ヌーボー」の解禁日だ。その年に収穫されたぶどうの出来の指標にもなるとあって、ワイン業界も大注目の日である。

今年は例年より穏やかな冬と暖かな春だったことに加え、夏の猛暑により収穫時期が早まり、記録的に早い収穫となった。ボジョレーワイン委員会によると、乾いた夏のおかげでカビなどに侵されることなく、十分な成熟度とフレッシュさを兼ね備えたバランスの良い仕上がりになったとのことだ。

では、ここで各社自慢のボージョレ・ヌーボーをご紹介していこう。

ラブレ・ロワ ボージョレ・ヌーボー



販売店舗:酒販店、スーパー
参考価格:オープン価格

サッポロビールは、ラブレ・ロワのボージョレ・ヌーボーを複数種類販売する。

その中でも、今年注目を集めているアイテムは、サッポロビール初のヴィーガン対応ボジョレー・ヌーボーだ。近年、健康や環境問題の観点から世界的にヴィーガン人口が増加していることもあり、一部商品をヴィーガン対応に変更したという。

特に、最もスタンダードな商品である「ラブレ・ロワ ボージョレ・ヌーボー 2020」は、ヴィーガンに対応しているだけでなく、環境にやさしいサスティナブルなワインづくりがフランス農業省に認められ、HVE認証も取得している。

その他にも、ボージョレ・ヌーボーの生産過程で約15%しかとれないプレス果汁だけでつくられる人気の「ラブレ・ロワ ボージョレ・ヌーボー リッチ・プレス 2020」や、近年人気の高まっている辛口ロゼの「ラブレ・ロワ ボージョレ・ヌーボー ロゼ フリーラン 2020」を販売する。

また、これらのアイテムを含む「青山フラワーマーケットシリーズ」は、今年で4年目を迎える。2020年のテーマは「花が溶け込むボージョレ・ヌーボー」というだけあって、花のような華やかさとワインのフレッシュさを感じられるデザインが特徴だ。

アルベール・ビショー ボージョレ・ヌーヴォー


販売店舗:酒販店、スーパー、飲食店
参考価格:オープン価格

1831年に創立されたアルベール・ビショーは、ブルゴーニュ名門の家族ワイナリーだ。ボージョレ・ヌーボーの評価も高く、食の都・リヨンで開催されるボージョレ・ヌーボーのコンテスト「トロフィー・リヨン」で、2010年に大金賞を受賞している。

そんなアルベール・ビショーの「ボージョレ・ヌーヴォー」の特徴は、いちごやラズベリーを思わせる果実の香りと軽やかな口当たり、そして爽やかな酸味だ。見た目も美しく、深い色合いに仕上がっている。

アルベール・ビショーのボージョレ・ヌーヴォーは、同社と約40年の付き合いがあるというメルシャンがさまざまな商品を販売するという。

アルベール・ビショー ボージョレ・ヌーヴォー ピンク

販売店舗:酒販店、スーパー、飲食店
参考価格:オープン価格

透明感のある淡いローズピンクが美しいロゼのヌーボー。低温でマセラシオン(果汁と果皮を漬け込むこと)をしているため、ピンクグレープフルーツ、りんご、バナナを思わせる上品な香りと軽やかな酸味が楽しめる。

ジョルジュ デュブッフ ボージョレ・ヌーヴォー


販売店舗:セブン&アイグループ酒類取扱店
参考価格:2310円(税別)※ジョルジュ デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー トラディション 2020
     660円(税別)※ジョルジュ デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー テロワール 2020

サントリーは、ボージョレ地区の世界的に有名なワインのつくり手ジョルジュ・デュブッフ氏のボージョレ・ヌーボーを販売する。

「ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー トラディション 2020」は、木樽を使った伝統的な製法により、ふどう本来の味わいを最大限に引き出している。

また、「ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヌーヴォー テロワール 2020」は、果実味いっぱいのライトボディで、まろやかな味わいが堪能できる。こちらは、250mlサイズで用意されているため、気軽に楽しめるのが特徴だ。

ジョルジュ デュブッフ ボージョレーヌーヴォー 2020 ラ・ロズレー


販売店舗:酒販店、スーパー
参考価格:2508円(税込)

2020年に日本で限定販売されるのが、デュブッフ氏の功績へ感謝の意を込めてつくられた「ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヌーヴォー 2020 ラ・ロズレー」だ。自社畑のぶどうを100%使用することで、果実の香り高い軽やかな味わいに仕上がっている。

ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー 2020

販売店舗:酒販店、スーパー
参考価格:2475円(税込)

ジョルジュ・デュブッフのボージョレ・ヌーボーからもう一つつ紹介する。デュブッフ初のオレンジワインとなる「ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー」だ。白ぶどうのフレッシュさと華やかな香りが感じられ、爽やかな仕上がりとなっている。

アンリ・フェッシ ボージョレ・ヌーヴォ2020


販売店舗:酒販店、スーパー、飲食店
参考価格:2475円(税込)など

創業130年以上の歴史を持つアンリ・フェッシは、ボージョレ地区ブルイィ村の老舗ワイナリーだ。そのボージョレ・ヌーボーは、リヨン・トロフィーで幾度も受賞歴があり、2015年には最高賞である最高金賞に輝いている。

今年はアサヒビールから、10種の新酒を販売する。スタンダードなものとして、ラズベリーの豊かな果実味と優しい口当たりが特徴の「ボージョレ・ヌーヴォ2020」や大容量パックの「ボージョレ・ヌーヴォ・パウチパック 2020」などを用意する。

他には、ボージョレ地区の中でも限定された地域(ボージョレヴィラージュ地区)のぶどうのみを使用したワンランク上のボージョレ・ヌーボーとして、「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2020」「オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2020」などを提供する。

さらに、飲食店限定商品として、「ボージョレ・ヌーヴォ“ベレール”2020」「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ“ベレール”2020」を販売する。

ルロワ ボージョレ ヴィラージュ プリムール

販売店舗:高島屋などの百貨店、酒販店、スーパー
参考価格:5208円(税込)

ブルゴーニュの至宝として名高いルロワ。天才的なテイスティング力と徹底した品質へのこだわりを持つマダム・ルロワがつくるボージョレ・ヌーボーは、果実の味わいがぎゅっと閉じ込められた濃厚さがありながら、同時に繊細さも感じられる。

ルイ・ジャド ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール 2020

販売店舗:酒販店、スーパー
参考価格:3080円(税込)

名門中の名門として知られるルイ・ジャドは、「ルイ・ジャドを語らずして、ブルゴーニュを語れず」と言われるほどのブルゴーニュを代表するつくり手だ。

ルイ・ジャドでは、毎年ヌーボーを特別につくるのではなく、通常のヴィラージュワインをつくる中で、特にフルーティーに仕上がったものをプリムールとして出荷している。

自然に発生する二酸化炭素のみを利用して長時間漬け込んだそのワインは、果実味がある一方で、甘みや苦みも感じられる複雑な仕上がりとなっており、本格志向の新酒として人気が高い。

タイユヴァン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴェエイユ・ヴィーニュ


販売店舗:エノテカ(ネット通販あり)
参考価格:3960円(税込)

1973年から34年間三つ星を守り続け、パリで最も予約が難しいレストランの一つとして挙げられるのが「タイユヴァン」だ。料理だけでなく、ワインセレクションが素晴らしいと世界的にも有名で、同店のワインリストに選ばれることはワインメーカーにとって最高の栄誉でもある。

そのタイユヴァンがセレクトしたのが「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴェエイユ・ヴィーニュ」だ。エノテカで扱うボージョレ・ヌーボーの中でも、毎年一番人気がある1本だという。古樹のぶどうからつくられており、フレッシュながらコクも感じる上品な味わいが特徴だ。

ジル・ド・ラモア ボジョレー・ヌーヴォー(酸化防止剤無添加)


販売店舗:エノテカ(ネット通販あり)
参考価格:2640円(税込)

ニュイ・サン・ジョルジュに本拠を置くジル・ド・ラモアは、自然なつくり方にこだわってワインづくりを続けている。

そのジル・ド・ラモアがつくるボージョレ・ヌーボーは、誰にでも愛されるナチュラルなおいしさが魅力。甘めの香りとほのかな酸味が人気で、エノテカでも10年近く取り扱われている。

自然な味わいにこだわっており、酸化防止剤は添加されていない。そのため、フランス現地で飲むようなフレッシュなニュアンスを堪能できる。

ルー・ペール・エ・フィス ボジョレー・ヌーヴォー


販売店舗:エノテカ(ネット通販あり)
参考価格:3080円(税込)

5世代にわたり家族経営でワインをつくり続けてきたルー・ペール・エ・フィスは、コート・ドールにおける一大生産者だ。

自然に敬意を払ったワインづくりをモットーとしており、手間暇かけてつくられるワインは、その質の高さから主要な航空会社のファーストクラスやビジネスクラスなどで提供されている。ジューシーな果実感と爽やかな酸味があり、繊細でしなやかな味が楽しめると評判だ。

カーヴ ド ジュリエナス ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ 2020

販売店舗:成城石井など
参考価格:2390円(税別)

成城石井が直輸入する人気のヌーボーが、1960年創業のカーヴ・ド・ジュリエナスがつくるボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォだ。樹齢40年以上の古樹のぶどうにこだわってつくられており、コルクを抜いた瞬間から完熟いちごを思わせる豊かな果実の香りが楽しめる。

プレ・ペール・エ・フィス ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020


販売店舗:カルディーコーヒーファーム(ネット通販あり)
参考価格:2398円(税込)

約270年の伝統を持つ名門ワイナリー プレ・ペール・エ・フィスのヌーボーは、ボージョレ地区の中でも限られた地区で収穫されたぶどうからつくられるワンランク上の1本だ。

ボージョレ・ヌーボー唯一の公式コンクールである「トロフィー・リヨン」で何度も受賞歴があり、2019年には最高金賞を受賞。その安定したクオリティの高さから、カルディコーヒーファームでは17年間販売を続けており、毎年購入する人も多いという。

375mlのハーフボトルも用意されているため、気軽に飲めるのも魅力だ。

シャルル・ドラピエ ボージョレ・ヌーヴォー・スペシャル・キュヴェ2020

販売店舗:セブン&アイグループ酒類取扱店
参考価格:1691円(税込)

このワインは、ボージョレ地区の中でも優良なワインを生み出す「クリュ・ボージョレ」のぶどうからつくったものだ。日本を代表するソムリエの田崎真也氏がブレンドしてつくり上げるこだわりの1本で、豊かな香りとフルーティーな味わいが特徴だ。

ルー・デュモン ボージョレ・ヌーボーヴィエイユ・ヴィーニュ


販売店舗:そごう・西武百貨店など
参考価格:3800円(税別)

日本人のつくり手である仲田晃司氏が手掛けるのが、ルー・デュモンだ。「ブルゴーニュの神様」と呼ばれた天才の故アンリ・ジャイエ氏が絶賛したことから、「神の認めたブルゴーニュ」として世界中に知られることとなった。

そんなルー・デュモンのボージョレ・ヌーボーヴィエイユ・ヴィニーユは、樹齢70年以上の古樹のぶどうにこだわってつくられており、滑らかな口当たりと豊かな果実味が楽しめる。

そごう・西武限定でハーフサイズのボトルも用意されている。

ドメーヌ・ド・ラ・プラス ボージョレ・ヌーヴォー 2020


販売店舗:酒販店、スーパー
参考価格:2807円(税別)

ドメーヌ・ド・ラ・プラスは、優れたぶどう栽培家として知られるドゥブラン家が手掛けるワイナリーだ。ボージョレ・ヌーボー唯一のコンクールである「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー」において、2015年に最高金賞、2018年には金賞を受賞するなど、高い技術力を誇る。

そんなドメーヌ・ド・ラ・プラスのヌーボー「ドメーヌ・ド・ラ・プラス ボージョレ・ヌーヴォー 2020」を、日本酒メーカーの白鶴酒造が販売する。このワインは、減農薬農法を採用してて育てた平均樹齢40年のぶどうでつくられ、フルーティーな華やかさと同時に、ぶどうの複雑な味わいを感じられる。

ピエール・フェロー ボジョレー・ヌーヴォー 2020


販売店舗:JALショッピング(ネット)、有楽町JALプラザ「TABITUS+ STATION」
参考価格:3190円(税込)※ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

1882年創業と長い歴史を持つピエール・フェロー。ワイン評論家のロバート・パーカー氏から、最高評価の四つ星と評価されるほどの名門ワイナリーだ。年による品質のムラが少なく安定しており、信頼のおけるつくり手としても知られている。日本では、JALグループのJALUXが正規輸入代理店を務め、20年以上にわたってJAL国際線機内などで提供されてきた。

今回発売するのは、「ボジョレー・ヌーヴォー 2020」「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020」「ボジョレー・ヌーヴォー キュヴェ・ノスタルジー V.V. 2020」「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー V.V. 2020 ティエリー・マルクス」と、白ワインの「マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020」の5種類の新酒だ。

中でも「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020」は、収穫祭のにぎやかな様子をイメージしたオリジナルラベルを採用。このラベルは、京都芸術大学のアーティストである御村紗也氏がデザインしている。

さらに、毎年一番人気の「ボジョレー・ヌーヴォー 2020」にも注目。「空高く飛ぶ飛行機に大きな希望と夢をのせて、解禁日に楽しく過ごして欲しい」という願いを込めて、今年は飛行機や羽ばたくツルをあしらったJALショッピングオリジナルラベルで提供される。

ハローキティ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2020


販売店舗:ハローキティ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー公式サイト(ネット)
参考価格:3465円(税込)

栗原酒販は、サンリオと盛田甲州ワイナリーがタイアップしてつくった「ハローキティ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2020」を販売する。かわいいだけでない本格派のヌーボーで、2000年の発売以降、約20年に渡り多くのファンに愛されてきたが、サンリオとの契約満了により今年でラストヴィンテージとなる。

ラストヴィンテージのラベルは、ハローキティのメインカラーであるレッドとブルーをあしらっており、最後を飾るのに相応しい豪華な仕様になっている。数量限定で、ワインバッグとデザインボックスがセットになった「ギフト・エディション」も販売される予定だ。

メゾン・ジョゼフ・ドルーアン ボジョレー・ヌーヴォー


販売店舗:ANA STORE(エ-エヌエ-ストア)/ANAショッピング A-style(エースタイル)(ネット)
参考価格:4900円(税込)※ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹)2020
3800円(税込)※ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

1880年に創業したメゾン・ジョセフ・ドルーアンは、「エレガンスとバランス」を追求したワインづくりを続けているブルゴーニュの名門ワイナリーだ。ANAファーストクラスやビジネスクラスの機内サービスワインとしての採用実績がある。

全日空商事は、そんなメゾン・ジョセフ・ドルーアンのヌーボーである「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹)2020」や「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020」をオリジナルラベルで提供する。

「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹)2020」は樹齢30年以上の古樹のぶどうのみを使用した1本。ヌーボーでありながら、エレガンスと凝縮感を楽めるのが特徴だ。また、「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020」は、滑らかな口当たりで、ヌーボーらしい豊かな果実の味わいを楽しめる。


<関連リンク>
2020年ボージョレ・ヌーボーの予約受注を開始|サッポロビール
全国のセブン&アイグループ限定「ジョルジュ デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー トラディション 2020」「同 ボージョレ ヌーヴォー ボー テロワール 2020」新発売|サントリーホールディングス
「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020」新発売|サントリーホールディングス
フランスの新酒ワイン「ボージョレ・ヌーヴォ2020」発売|アサヒビール
ボジョレー・ヌーヴォー2020 を発売!|エノテカ(PDF)ボージョレ・ヌーボーご予約開始~今年はおうちで、「すごもり」ヌーボー~|そごう・西武
白鶴は「ボージョレ・ヌーヴォー」の予約受注を全国で開始|白鶴酒造
JALUX、「ボジョレー・ヌーヴォー 2020」今年も輸入販売|JALUX
『ハローキティ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2020』最後のヴィンテージ発売|栗原酒販
今年もボジョレー・ヌーヴォーがやってくる! ANAオリジナル限定ラベル「ボジョレー・ヌーヴォー2020」 ANA STORE/ANAショッピングA-styleにて、8月24日より予約販売開始!|全日空商事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  maomi

教育機関で中日翻訳に携わったのち、フリーライターに転身。教育、旅行、グルメを中心に執筆を行う。