未分類

甲州ワインの魅力を堪能できる、陶製「Roppo 甲州ワインタンブラー」を発売

甲州ワイン向けの陶製タンブラーが、全国で初めて発売される。ワイン・コンサルティング業務を行うテイスト&ファンは2016年3月7日、「Roppo 甲州ワインタンブラー」を発売した。

160304_タンブラー

「日本ワイン」発祥の地でもある山梨県は、湯飲み茶碗でワインを飲む文化があるという。一升瓶に入ったワインを湯飲み茶碗につぎ、和食と共に楽しむのが山梨流。日本にワインが普及し始めた頃から、ワインづくりに取り組んできた山梨ならではの文化と言える。

テイスト&ファンは、この「湯飲み茶碗でワイン」の文化に着目。甲州ワインをもっと楽しむための工夫として、山梨県山梨市の窯元・六鵬窯と共同で「Roppo 甲州ワインタンブラー」を開発した。このタンブラーでワインを飲んだ専門家からは、「ワインの鋭角的な酸味を丸くし、風味に調和をもたらす」と高い評価を得たという。

その最大の特徴は、考え抜かれたデザインだ。ワイングラス同様、ワインの風味を生かす先すぼまりの形状だが、甲州ぶどう特有の渋みを和らげる丸みを帯びた胴となっている。陶器としては薄くつくられており、唇へ当たる時の感触も良い。淡い青色の釉薬で仕上げられた色彩は、和食のみならず、洋食と並べても違和感なく食卓に溶け込むだろう。

価格は3500円(税別)で、専用のHPではタンブラーが購入できる店舗やタンブラーでワインを提供する店舗を紹介している。

<関連リンク>
「Roppo 甲州ワインタンブラー」を2016年3月7日に新発売!~日本初の甲州ワイン専門陶製ワインタンブラーを発売~

Roppo 甲州ワインタンブラー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。