未分類

甲州種を100%使用した「シャトー・メルシャン」シリーズの新ヴィンテージを発売

メルシャンは、日本固有のぶどう品種「甲州」を使った「日本ワイン」の新ヴィンテージを2016年4月26日に発売する。同社のワイナリー、シャトー・メルシャンが醸造したもので、「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2015」「シャトー・メルシャン 甲州グリ・ド・グリ 2015」「シャトー・メルシャン 山梨甲州 2015」の3種。価格はオープンとなっている。

160409_甲州

甲州は、生食用としても販売される日本固有のぶどう品種だ。淡い赤紫色の果皮を持つ白ぶどうで、柑橘類をほうふつとさせる繊細な香りを特徴としている。昨今、国産のぶどうのみで醸造した日本ワインが人気を集めているが、それと同時に甲州種への注目も高まっているという。

今回発売される「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2015」は、2004年にボルドー大学との共同プロジェクトで生み出されたシリーズの2015年ヴィンテージとなる。山梨県産の甲州を100%使用し、グレープフルーツやユズ、カボスなどを思わせる柑橘系の香りを楽しむことができる。

また、「シャトー・メルシャン 甲州グリ・ド・グリ 2015」は、果汁に果皮を漬け込むスキンコンタクトの手法を用いており、果皮から抽出された渋みと紅茶やフルーツソースのような甘い香りが特徴。「シャトー・メルシャン 山梨甲州 2015」は、甲州の個性的な味を引き出すシュール・リー製法を用いて醸造され、繊細な味わいの中に、程よいうま味を堪能できる。

なお同社では、新ヴィンテージ発売に合わせ、新たに「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2015」で従来のコルク栓からスクリューキャップを採用。コルク由来の香りがなくなることで、フレッシュな香りと味わいが楽しめるとしている。

<関連リンク>
注目の日本ワイン「甲州」の新ヴィンテージ登場「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香2015」、「同 甲州グリ・ド・グリ 2015」、「同 山梨甲州 2015」を発売

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。