BREAKING News

2019年10月

グラス1杯から楽しめる「アルザスワイン バイザグラス・フェア」を約80店舗で開催

アルザスワイン委員会は2019年10月1日、首都圏を中心とした約80の飲食店で「アルザスワイン バイザグラス・フェア」を開始した。キャンペーン参加店舗でアルザスワインをグラス単位で楽しめるというイベントで、同年11月30日までの2カ間にわたり開催する。

フランス北東部に位置するアルザス地方は、ワインの代表的な産地として知られる。フランスでも特に冷涼かつ乾燥した気候で、近年は涼しい地方でつくられるワイン「クールクライメイトワイン」の産地として注目を集めている。小規模ワイナリーが多く、つくり手ごとに違いを感じられること、有機栽培など環境に配慮した生産に取り組んでいることなどが人気の理由だという。

そのアルザスワインをグラス単位で楽しめるのが、今回のアルザスワイン バイザグラス・フェアだ。レストランやビストロ、バルなどのキャンペーン参加店舗で、アルザス地方のAOCワインがバイザグラスで提供される。対象となるのは、AOC ALSACE、AOC CREMANT D’ALSACE、AOC ALSACE GRAND CRUなどのAOCワインだ。

およそ80店舗がキャンペーンに参加する予定で、各店舗で期間中2週間以上、アルザスワインが味わえる。参加店舗の詳細はFacebookのイベントページ(https://www.facebook.com/events/527360854503933/)で公開している。

<関連リンク>
食の秋にはアルザスワイン! アルザスワインをグラス1杯から楽しめるバイザグラス・フェアを開催

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。