BREAKING News

2020年05月

パフュームボトルをイメージした発泡性の赤ワイン「MVNVMV」の一般販売を開始

Manama Holdings Limitedは2020年5月12日、8年の月日をかけて完成させた「MVNVMV(マナマ)」を一般向けに発売した。パフュームボトルを連想させる四角い瓶に詰められた発泡性の赤ワインで、“ビジュアルから深いテイストまでその全てが規格外”だという。

赤のスパークリングワインは、イタリアのランブルスコやオーストラリアの発泡性赤ワインなど各地でつくられている。今回発売する「MVNVMV」は、甘すぎず、酸っぱすぎず、雑味のないバランスの取れた味わいを特徴とする、新しいタイプのスパークリングワインだ。アロマティック発酵をさせることで匂いを引き立たせ、香水のような香りを演出することに成功している。

瓶の形も特徴的で、香水瓶のような四角形のボトルを採用している。通常、発泡性のワインは、気圧に耐えられないことから、角があるボトルに詰められることない。「MVNVMV」は、パフュームボトルのようなフォルムにこだわり、世界で初めてスパークリングワイン用の四角いボトルを開発した。この形状から、“パフュームワイン”とも呼ばれている。

印象的なボトルは、上部に向かってゴールドのグラデーションを施し、下部からはワインの真紅の色合いがのぞく。飲む30分前に氷水で冷やせば、品質を落とすことなくきめ細かい泡を楽しめる。

これまで会員制のワインバーなど限られた場所のみで提供されてきたが、新たに一般向けにも販売を開始した。希望小売価格は3万1500円(税別)で、公式オンラインショップで購入できる。

<関連リンク>
【世界初の”美”発泡パフュームワイン】真紅の「MVNVMV(マナマ)」遂に一般販売解禁!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  NAGATA

カルチャー、音楽などを中心に執筆するフリーライター。大学院に在学し、インターネット文化を研究する傍ら、執筆に取り組んでいる。山梨県に在住している際に日本ワインの魅力にとりつかれる。