コラム

高効率の設備で高コスパを実現! 小さな畑から手間をかけてつくった新リオハ・ワイン「フィンカ・ヌエヴァ」 ~スペインワイン&フード商談会2019で出会ったワイン

2019年10月29日、スペインワイン&フード商談会が、八芳園(東京都港区白金台)にて開催された。日欧EPA(経済連携協定)による関税撤廃もあり、より手軽に味わえるようになったスペインワイン。スペイン大使館経済商務部が開催した今回の商談会では、スペイン産のワインやフードを輸入する55の企業が一堂に会し、数々の魅力的なスペイン産ワインが紹介された。

今回はその中から、特に目を引いたワインを紹介したい。

つくり手:ミゲル・アンヘル

ボデガス・ブレトンで醸造責任者を務めたミゲル・アンヘル・デ・グレゴリオは、リオハで高い評価を受けているつくり手。彼が古巣である「ボデガス・ブレトン」を買収してリリースしたのが「フィンカ・ヌエヴァ」だ。

リーズナブルで高品質かつ、あらゆる料理にマッチするワインづくりを目指す彼は、シンプルで果実味豊かな“新しいリオハ・ワイン”を追い求めているという。ロゴマークの鳥かごから飛び立つ小鳥は、まさにリオハ・ワインのイメージから羽ばたいていくイメージだ。

ミゲル・アンヘルのワインづくりの特徴は、テロワールの優れたリオハで手間と時間、労力をかけてつくっていること。作業にトラクターを必要とするほどには、ぶどう畑を大きく広げることはせず、動物を使って耕せる規模に抑えている。

また、ボデガス・ブレトンから引き継いだ生産効率の良い設備のおかげで、品質の高さと手頃な価格を両立している。

「求めやすい価格帯でありながらも、非常に品質の高いワインだと自信を持って言える」と、フィンカ・ヌエヴァの輸入元であるパナバックの代表取締役、長崎和昌氏は語る。

フィンカ・ヌエヴァの4アイテム

和食、洋食のどちらとも相性がよく、コストパフォーマンスに優れたフィンカ・ヌエヴァ。下記の4アイテムが日本で展開されている。

フィンカ・ヌエヴァ・ヴィウラ

ぶどう品種:ヴィウラ100%
アルコール度数:12.5%
希望小売価格:2000円(税別)

フィンカ・ヌエヴァ・ロゼ

ぶどう品種:テンプラニージョ60%、ガルナッチャ40%
アルコール度数:13.0%
希望小売価格:2000円(税別)

フィンカ・ヌエヴァ・ヴェンディミア

ぶどう品種:テンプラニージョ100%
アルコール度数:13.0%
希望小売価格:2000円(税別)

フィンカ・ヌエヴァ・レセルヴァ

ぶどう品種:テンプラニージョ100%
アルコール度数:14.0%
希望小売価格:3200円(税別)

フィンカ・ヌエヴァのワインは、ホテルやレストランなどで飲めるほか、一部のワイン専門店などで購入可能だ。ケース単位であれば、輸入元から直接購入できる可能性もあるとのこと。

ぜひ、リオハの新しい風を味わってみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  シズカ
シズカ

国内外のワイン情報を発信いたします