コラム

ダントツ人気のデイリーワイン「アルパカ」――2016年は輸入ワインNo.1。2位と2倍以上の販売量に

2017年3月7日に開催されたアサヒビールの2017年ワイン事業戦略説明会。前回は概要について紹介したが、その中でアサヒビールの平野伸一代表取締役社長が力を入れて語っていたのは、デイリーワイン「アルパカ」シリーズの好調ぶりだった。

2016年も好調だった「アルパカ」シリーズ

アサヒビールを代表するデイリーワインといえば、輸入ワインにおいてNo.1を獲得している「アルパカ」シリーズだ。

アルパカは、新しいブランドを試してみる「トライアルユーザー」も「リピーター」も多い珍しい商品だと平野社長は説明した。

2016年度のアルパカの年間販売は、当初の目標(120万箱)を大きく上回る142万箱となった。前年の101万箱と比べると、141%もの成長を遂げた。輸入ワインブランドの2位は68万箱だというので、アルパカが大きく引き離していると言えるだろう。

実際、ワインバザールが過去に調査した「ワイン好き200人が選んだ“デイリーワイン”ブランドランキング」でも、1位はアルパカとなっている。

ワイン市場の発展に欠かせない「デイリーワインユーザー」の拡大

ワインの総需要の拡大のためには、ワインユーザーのすそ野を広げることが重要だ平野社長は言う。

デイリーワイン(600円未満)ユーザーは、2012年と比べて120%も増加。デイリーワインのユーザーはいずれ、ミドルワインクラス(600円~1500円)も楽しむようになり、さらにファインワインクラス(1500円以上)も好むようになるというのがアサヒビールの考えのようだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  シズカ
シズカ

国内外のワイン情報を発信いたします