コラム

「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店」が4月20日オープン。ワイン1600種類をそろえた最大規模の店舗に

アサヒビールが2017年3月7日に開催した2017年ワイン事業戦略説明会で発表された内容のうち、概要デイリーワイン「アルパカ」の動向国産ワインの新ブランド「サントネージュ 摘みたての贅沢」の情報を取り上げてきた。

最後となる今回は、同説明会で披露された4月20日に開業する「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店」の詳細をお伝えしていこう。

GINZA SIXは、エノテカが出店していた松坂屋銀座店の跡地に立つ複合施設。日本国内にワイン専門店54店舗、海外にも14店舗を展開しているエノテカだが、「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店」はその中でも最大のフロア面積を誇る店舗となる。

“銀座”という土地柄を生かした店舗に

GINZA SIX店では1600種類以上のワインをそろえるという。広尾本店の1000種類を大きく超え、国内最大級の品ぞろえとなる。

さらに銀座という海外からの観光客が多い立地条件を生かすため、日本ワインについても従来の店舗よりも多い60種類ほどを取りそろえる計画だ。

また、ニッカウヰスキーを10種類以上、常設販売する予定。これはエノテカ店舗初の試みとなる。

ワインを軸とした楽しみを発信

ワインを軸とした楽しみを発信することを目的としており、入り口から店内に至るアプローチ沿いには、世界初となる「シャトー・ムートン・ロートシルト」のリトグラフを展示したアートコーナーが設置される。さらにグラスワイン10種類以上を500 円(税別)から試飲できて、ランチも楽しめるカフェ&バーも併設する。

また、生産者を呼んでの試飲会や著名ソムリエによるセミナー、異業種とのコラボイベントなどを開催予定だ。

プレミアムフライデー専用イベントも

4月の最終金曜日にあたる4月28日には、抜栓やデキャンタージュの仕方や食とのマリアージュなどについて学べるワイン教室やフードイベント「エノテカ・マルシェ」を開催する。

今後も、定期的にプレミアムフライデー専用イベントを実施していくという。

500万円の特別商品も

開業にあわせて発売されるのが「シャトー・デュクリュ・ボーカイユ 2014 夢のビッグボトルセット」 だ。価格はなんと500 万円(税別)。世界でも33セットしかない限定商品で、日本ではこの1セットのみという超限定セットだ。

幅広い商品展開だけではなく、「思わず写真を撮りたくなる」「見ているだけで楽しい」といった店舗づくりで、初心者からワイン愛好家まで満足してもらえる店舗を目指すとしている。

【ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店 店舗概要】
住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下2階
電話番号:03-6263-9802
営業時間 10:00-20:30
定休日:不定期

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  シズカ
シズカ

国内外のワイン情報を発信いたします