コラム

和食に合うスペイン産のオーガニック赤ワイン! 専門店おすすめの3本を紹介

自然派にこだわっている人はもちろん、健康に気を使っている人にもおすすめしたいのがオーガニックワインだ。ヘルシーなだけではなく、ぶどうそのものの味を引き出して大切につくられているところも、オーガニックワインの魅力だろう。

そんなオーガニックワインの中から、今晩、あるいは週末に飲むおすすめのワインを紹介したい。スペイン産オーガニックワイン専門店「アルコス」の宮内惠美子代表取締役に、イチオシの赤ワイン3本を教えていただいた。

[関連記事]日本食との相性も良い”スペイン産オーガニックワイン”。その魅力と2017年ヴィンテージの特徴を専門店に聞いてみた

ベルマドール・バリカ 2017


品種:モナストレル85%、シラー15%
産地:DOアリカンテ
ワイナリー名:ラ・ボデガ・デ・ピノソ
価格:2600円(税別)

お手頃な価格で、品格のある樽香が楽しめる。

おすすめのマリアージュは、グリルした肉料理や、焼きナスなどの野菜を焼いた料理だ。

グラシアノ 2011


品種:グラシアノ100%
産地:VT カスティヤ
ワイナリー名:フィンカ・ロス・アリハレス
価格:3400円(税別)

人気の高い1本。100%でワインをつくるのが難しいというぶどう品種のグラシアノ。「フィンカ・ロス・アリハレスがつくり上げたグラシアノ100%は、ワインの存在自体の面白さと、味わいが一体化したワインです」と宮内さんはその魅力を語ってくれた。

おすすめのマリアージュは、ぶりの照り焼きなど。醤油や味噌などの発酵食品との相性が良いそうだ。

コラル・デ・カンパナス 2016


品種:ティンタ・デ・トロ100%
産地:DOトロ
ワイナリー名:キンタ・デ・ラ・キエトゥ
価格:3800円(税別)

このワインに使うぶどうは、寒暖の差が激しい地域にあるヴィンヤードで育つ。その結果、“すごい”黒ぶどうができるそうで、「ポリフェノールがたっぷりで、タンニンも効いており、赤ワインとしておすすめしたい1本」(宮内さん)とのこと。

パーカーポイントやスペインワインガイドブック「ギア・ペニン」などで、常に高得点を得ている生産者が手掛けている。

おすすめのマリアージュは、すき焼きだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  シズカ
シズカ

国内外のワイン情報を発信いたします