コラム

この10年で大躍進したスパークリングワイン、今後の展望は? ~メルシャン「ワイン参考資料」に見る市場動向

2009年からの10年間で大きく輸入数量を増やしたスパークリングワイン。家で気軽に飲める2000円以下のものから高価格帯まで、広く楽しまれているというが、好調の理由は何だろうか。また、今後はどう展開されていくのだろうか。

メルシャンが2020年7月に公開した「ワイン参考資料」や過去の記事を基に、この10年のスパークリングワインの動向をまとめてみた。

特別な日の飲み物から日常で楽しめる存在へ

リーマンショックによる景気低迷の影響を受けて、スパークリングワインは一時大きく落ち込んだが、景気回復と共に輸入数量は回復し、順調に数字を伸ばしている。

2019年には、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)発効による関税即時撤廃の影響でEU各国からの輸入量が増加。2019年の輸入数量は前年比121.3%の4万3828klと、2009年の2倍以上になった。EUの中でも、特にカヴァを産するスペインからの輸入量増加が目立っている。

2010年以降は2000円以下のリーズナブルなスパークリングワインが人気で、近年では高価格帯の消費も堅調だという。

以前はクリスマスや祝い事など、特別な日の飲み物という印象があったスパークリングワインだが、現在は普段の食卓で楽しめる飲み物になったといえそうだ。

ワインファンの裾野を広げる存在としても期待

サントリーワインインターナショナルが実施したグループインタビューによると、「初めて飲んだワイン」として、30~40代ではスパークリングを挙げた人が多かった。

【関連記事】
若い世代のワインユーザーを増やすには? ――3つのキーワードで需要創造 ~事業方針から見えたサントリーの思い

この結果を受けて、同社が発売したのが和テイストのスパークリングワイン「雫音(しずね)」だ。「珍しさから一度だけ手に取った」で終わらず、新たなワインユーザーを取り込むために、品質の良さを追求してつくられた。

また、メルシャンでは、「飲みやすい」「買いやすい」「使いやすい」を満たし、気軽に楽しめるスパークリングワインを新カテゴリー「カジュアルスパークリング」として設定。「おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル」や「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」を展開する。他にも、「ビストロ スパークリング」のパッケージをリニューアルするなど、カジュアルスパークリングのラインアップ強化に力を注いでいる。

【関連記事】
20代の若手醸造家3人が手掛けた「ホップ×スパークリングワイン」の楽しみ方とは?

若者がワインに触れるきっかけとなり、ワインファンの裾野を広げる存在として、ワインメーカー各社はスパークリングワインに期待を寄せているようだ。

<関連リンク>
メルシャン「ワイン参考資料2020」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  シズカ
シズカ

国内外のワイン情報を発信いたします