コラム

ワインの香りを楽しむ究極の形!? ユニーク過ぎるワイングラスが話題になるも――

ワインを楽しむのに、アロマは大切な要素だ。ぶどうの品種や育った土壌、醸造方法などによって、フルーツやブーケ、スパイスなど、さまざまな個性を持った香りのワインとなる。

そんなアロマを存分に楽しむために開発された非常にユニークなワイングラスがある。

こちらの「ワイングラスマスク」だ。

鼻にフィット+αの仕掛けで香りを楽しむ

このワイングラスマスク、香りを楽しむための工夫は、鼻にフィットするガスマスクのような形だけではない。

グラスの側面には、空気を取り込む穴が2カ所に付いている。グラスの中の空気を吸い込むことで、外から新しい空気が入ってくる仕組みだ。外から空気が入ってくることで、ワインの表面を動かし、より香りを立たせるという。

「通常のワイングラスと比べて香りを逃がさないため、より強く香りが楽しめます」とこのワイングラスマスクを開発したJames Piatt氏は説明している。
その個性的なデザインに興味を持つ人もいるかもしれない。

グラスにはメモリがついており、どのくらい分量を入れたらいいのか、一目で分かるようになっている

Kickstarterで先行受け付け中

このワイングラスマスクは現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中だ。出資を受け付ける期間は6月7日までとなる。

販売予定価格は25ドル(約2750円)だが、Kickstarterでなら15ドル(約1650円)で購入可能。ブルーのタイプは若干高く、通常30ドル(約3300円)。Kickstarterからなら17ドル(約1870円)で入手できる。

ただし、販売が実現するかは微妙?

一定期間中に目標金額が集まると、商品が送られてくる仕組みのKickstarter。逆に言うと、出資が十分に集まらないとキャンセルになってしまう。

実はこのワイングラスマスク、過去に2回、Kickstarterでプロジェクトが立てられたものの、十分な出資が集まらずにキャンセルとなったようだ。

7万8000ドル(約858万円)を目標としていた前回は、Huffington PostやIndependentなどの大手サイトで紹介されたものの、目標金額を達成できずクラウドファンディングは失敗となった。

今回の目標金額は、前回の約半分にあたる3万7000ドル(約407万円)。それでも最終日となる2017年6月7日までに目標金額に到達するか、雲行きはかなり怪しそうだ。

<関連リンク>
Wine Glass Mask-Kickstarter

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About the author /  シズカ
シズカ

国内外のワイン情報を発信いたします