グルナッシュ

グルナッシュとは――味の特徴、おすすめワイン、主な産地をチェック

   

グルナッシュの意味/品種

グルナッシュ(Grenache)とは、スペイン北部のアラゴン州を原産地とする赤ワイン用ブドウ品種。スペインからピレネー山脈を越えて、フランスのラングドック・ルーション地方に伝わり、そこから世界に広まったと言われている。現在世界で最も多く栽培されている品種である。

Jacob's Creek. Grenache. Barossa Valley SA

グルナッシュの特徴

本来は病気に弱い品種だが、風が強い乾燥した気候においては病害を避けることができる。高温と乾燥に強く、日照時間が長く乾燥した土地でよく育つ。気候・土壌に合うと特別な手入れをせずとも果実をつけるが、摘果などの手入れをすることでより優れたワインができる。

グルナッシュの味わい/香り

口当たりは比較的ソフトで、味は強いがタンニンが軟らかく渋みは穏やかである。キノコなどに似た独特の泥土のようなフレーバーがあり、力強く芳醇。熟成は早く、若い段階では赤い果実やプラム、白コショウなどスパイスのアロマを持ち、熟成させるに従い、モカ、チョコレート、タバコ、なめし革を思わせるアロマを生み出す。シラー種との相性がよく、よくブレンドされている。

Biurko Botellas

グルナッシュの主な産地

イタリア・フランス・スペインなど幅広い地域で栽培されており、フランスではグルナッシュ・ノワールと呼ばれることもあり、イタリアではカンノナウ、スペインではガルナッチャやガルナッチャ・ティンタと呼ばれている。ガルナッチャとは本来宝石のガーネットのことで、ワインが明るい朱色を帯びた色をしていることに由来するといわれている。赤ワインだけでなく、ロゼワインの原料にもなる。ブドウ自体の糖分が多いため、グルナッシュで作ったワインはアルコール度が高くなる特徴がある。

'07 Grenache

かつて南仏で水代わりに飲まれていたワインがグルナッシュであったが、個性の強い味わいがあることから単独で使われることは少ない。
主として南フランスのシャトーヌフ・デュ・パプタヴェルに代表されるコート・デュ・ローヌでは通常80%以上のグルナッシュと色の濃い他の品種などと配合される。

スペインではリオハでガルナッチャとテンプラリーニョのブレンドワインが造られるが、アラゴン地方では単一品種でも造られる。

オーストラリアではシラーズとブレンドされることが多い。

イタリアのサルデーニャ島ではカンノナウと呼ばれ、他地域と異なりタンニンの強い赤ワインを生み出す。カンノナウ・ディ・サルデーニャは地元のカンノナウ99%以上で作られるDOCワインである。

南欧以外ではアメリカのカリフォルニア、サンホアキンバレーも有名な産地である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で