マルベック

マルベックとは――味の特徴、おすすめワイン、主な産地をチェック

   

マルベック(Malbec)とは、フランス南西部原産の赤ワイン用ブドウ品種。アルゼンチンワインを代表するぶどう品種でもあり、「黒ワイン」と呼ばれるほど色濃く、タンニンのしっかりしたワインに仕上がる。

特徴

カベルネ種やメルローよりも栽培には日照を要し、涼しい気候では育ちにくいという特徴がある。
南西地方で作られるマルベックは、ボルドーのものに比べるとプラムやタバコ、 干しブドウなどの芳香が特徴で、パワフルで荒々しい輪郭もあるが、熟成により身の引き締まったものになる。カオールではメルローやタナとブレンドされることがあるが、単一品種でもワインがつくられる。

Viento Sur

アルゼンチンのマルベックはフランスと比べ、コクはあるが多少穏やかな印象。若くても飲みやすいワインに仕上がる。

この他にもチリアメリカ、カナダ、北イタリアニュージーランド南アフリカなどで主にブレンド用として栽培されている。ポリフェノールが多いことでも知られ、今後さらに栽培が増えることも期待される。

味わい/香り

数ある赤ワイン用ブドウ品種の中でも個性的な品種である。小粒で果皮の色が黒っぽく、タンニンが豊富でポリフェノール含有量が最も高く、は強くない。若いワインはブラックベリーの香りやスミレの香りと表現され、果実の香りというよりも花を連想させる強く個性的な香りがある。5年以上熟成させると鉄分や獣香といったマルベックらしい風味が感じられるようになる。

現在フランスではカオールでメインに使われるほか、ボルドーブレンドに複雑さを加える役割をなし、メルローやカベルネ・ソーヴィニヨンとブレンドされる。フランス西北のロワール地方ではカベルネ・フランガメとブレンドされることも多い。同時に「マルベックといえばアルゼンチン」と言われるほどアルゼンチン国内における産出量が多く、良質のワインがつくられている。これには、アルゼンチンの強い日光と寒暖差が作用している。

Malbec Flight | Remedy Wine Bar

マルベックを使用したおすすめワイン

・カオール・プレスティージュ・デュ・マルベック/シャトー・ラマルティーヌ(フランス・カオール)
・カオール・ガリオッタン・マルベック/プルヴィラン・フレール(フランス・カオール)
・オルテス・カオール/リーガル(フランス・カオール)
・エステート・セレクション・マルベック/チャカナ(アルゼンチン・メンドーサ)
・マルベック・プレミアム/レオ(アルゼンチン・メンドーサ)
・クマ・オーガニック・マルベック/ミッシェル・トリノ(アルゼンチン・メンドーサ)
・カイケン・ウルトラ・マルベック/モンテス(アルゼンチン・メンドーサ)

意味/品種

マルベックからは、インクの黒に近い濃い色をしたワインが造られることで知られる。フランス国内でのシノニム(別名)は「コット」(現地発音ではコー)、また南西部カオールでは「オーセロワ」とも呼ばれる。

フランス以外では、アルゼンチンでの人気が高く盛んに栽培されている。

主な産地

フランス南西に近いボルドー地方では、ブレンドが認められている6種の赤ワイン用品種の一つになっているが栽培量は少ない。
かつてはこの地方でメインの品種であったが、1950年代に霜による大打撃を受け栽培が一時衰退し、現在フランスでは同じく南西のカオール地方で最も多く栽培されている。カオールでこの種をメインに作られているワインは「ヴァン・ノワール=黒ワイン」と呼ばれる。

Untitled

この品種が補助的役割を果たしているワインには、南西フランス地域ではベルジュラック地方のペシャルマン、コート・ドゥ・デュラス、ビュゼなど多数ある。

一方のアルゼンチンでは、1860年代にフランスから持ち込まれたマルベックは次第に隆盛を極め、フィロキセラや害虫の被害も受けずに栽培されてきた。特にこの品種の栽培に力を入れていて、アルゼンチンの完熟したマルベックからつくられるワインは果実味豊かで濃厚な風味があり、長熟の可能性を秘めている。

Wine Tasting: Malbec

特にアンデス山脈のふもとにあるメンドーサ州のルハン・デ・クヨ地区のものは高地栽培として有名で、メンドーサは「マルベックの都」と言われるようになった。

マルベックが今やアルゼンチンを代表するぶどう品種であることは、世界のワイン好きの知るところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で