ボルドー

ボルドーワインの特徴とは

   

フランスの南西部に位置するワイン産地。フランスのAOCワインの訳4分の1にあたる膨大な量のワインの産地で、中級から最高級のものまで幅広く多彩な銘醸地である。現在では仏経済を左右するワイン産業の一大拠点で、7対3で赤ワインが主体である。

Ch?teau ?La Tour De By?

アキテーヌ地域圏ジロンド県全土に広がり、50,000ヘクタールにも及ぶ広大な産地である。ガロンヌ川、ドルドーニュ川、大西洋に注ぐジロンド川の3つの川の流域にブドウ畑が広がる。温暖な海洋性気候に恵まれ、ブルゴーニュと並ぶ一大銘醸地である。歴史的に英国領だったこともあり広く海外で愛飲され、現在でもその多くが輸出されている。ボルドーワインはクラレットと呼ばれることもあり、またバーグマン型と呼ばれる肩幅の広い形のボトルが用いられる。

201308241D0372

ボルドー産の赤に使用される品種は、カベルネ・ソーヴィニヨンカベルネ・フランメルローが中心で、適度な味と甘みが溶け合う繊細な味わいからワインの女王と称される。白はソーヴィニヨン・ブランなどの品種が多く使用されるが、ソーテルヌ地区の貴腐ワインにはセミヨンが使用される。

Bordeaux

ボルドーの原産地呼称制度は地域名、地区名、村名のいずれかがラベルに記載され、限定されていくほど制限や規制が厳しくなる。ブルゴーニュのような畑名AOCはないが、政府監督機関のINAOにより地域ごとに公式に定められたシャトーの格付け(シャトー・システム)が確立されている。ワイン醸造および貯蔵施設のあるブドウ園(シャトー)の名をつけた自家製造ワインはこの地方の特徴であるが、シャトーは無数に存在し、シャトー・システムはAOCとは別物であるため、ボルドーワインが解りにくい所以となっている。シャトー名の付くものをシャトーワインと呼ぶのに対し、地域、地区、村のAOC名が大きく表示されているものをゼネリックワインと呼ぶ。

Day 3 - Chateau Saint-Germain Bordeaux

ボルドーの地区名、村名ワインには、ワインの種類ごとにAOCが認められているところが多く、例えば赤ワインのAOCメドック地区で造られる白ワインはボルドーと表示される。ボルドーを名乗る地域AOCは4つあり、それよりやや品質基準が厳しい地域AOCとしてボルドー・シュペリュールがある。地区名AOCは、メドック、グラーヴアントル・ドゥー・メール、リブルネ、ブライ・ブールの5つがあり、それらの中に更に細分化された30以上の村名AOCが存在する。

Ch?teau Haut-Brion 1993

さらに、この地方では古くから品質ごとにワインの格付けが行われており、1855年のメドック地区における赤ワインの格付けが有名である。メドックではこの「Crus Classes 格付け銘柄」の下に、 「Cru Bourgeois ブルジョワ級」を設けている。なお、こうした格付けは、AOCともシャトー・システムとも別のもので、メドック、ソーテルヌ、グラーヴ、サン・テミリオンの4地区でなされている。

Cru bourgeois

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で