チリ

チリワインの特徴とは ~おすすめワイン、ぶどう品種、当たり年ヴィンテージなど、基本の基礎知識~

   

日本のワイン輸入量でNo.1のチリワイン。2007年に日本とチリとの間でEPA(経済連携協定)が発効したことでワインにかかる関税も減少。チリワインの輸入量が急増している。

チリワインが最大の輸入量となったのは2015年から。2016年の輸入についても、金額に換算するとまだフランスワインの4分の1程度だが、量(L:リットル)で見ると約6200万Lのフランスワインを上回る約8400万Lと大差を付けている。

チリワインはアメリカワインやオーストラリアワインなどと並び、新世界(ニューワールド)の代表格として知られている。チリワインと言えば、チリで育てたカベルネ・ソーヴィニヨン(通称「チリカベ」)を使った安くておいしい赤ワインを思い浮かべる人が多いだろう。

チリは典型的な地中海性気候で乾燥しているため、菌やカビ対策の防腐剤や、病害駆除のための農薬を使う必要もない。こうしたことからほぼ無農薬のオーガニックワインが多くみられるのも特徴だ。

南北4000kmに及ぶ細長い国土において、ぶどう畑はそのほぼ中央に位置するセントラルバレーに広がる。産地一帯は、害虫フィロキセラのいない世界でも類を見ない健全な土壌に恵まれ、ふんだんな太陽光と激しい昼夜の気温差によって素晴らしいブドウを収穫できる。

Foto para Andeswines y posterior publicaci?n en Revista Mujer de La Tercera.

おすすめのチリワイン

チリワインで押さえておきたいおすすめワイン/ワインジャンルは次のとおりだ。

アルパカ

サンタ・ヘレナが手掛ける気軽に楽しめるチリワイン・アルパカワインシリーズ。日本ではアサヒビールが販売を担当し、2016年は日本への輸入量No.1のワイン銘柄になったという。ラベルにかわいらしいアルパカを描いているのが特徴だ。

[関連記事]サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メルロー

サンライズ

こちらはコンチャ・イ・トロが生産するチリのデイリーワインシリーズ。アルパカワインシリーズと同様に、安旨なチリワインブランドとして知られている。

[関連記事]コンチャ・イ・トロ サンライズ カベルネ・ソーヴィニヨン 750ml

アルマヴィーヴァ

チリにおける最高級ワイン。価格は2万円近くと高額だが、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドとコンチャ・イ・トロが力を合わせてつくり出す珠玉のプレミアムワイン。パーカーポイントも、当たり前のように例年90点以上を叩き出している。

ヴァラエタルワイン

単一のぶどう品種をメインとしてつくったワイン。チリでは75%以上の単一品種を使用することで「ヴァラエタル」を名乗ることができる。コノスルのヴァラエタルシリーズなどが有名。

[関連記事]ヴァラエタルワイン

オーガニックワイン

チリは気候・土壌に恵まれ、非常にぶどうが生育しやすい土地柄となっている。さらにぶどうの天敵である害虫・フィロキセラがチリにはいないなど、無農薬でのぶどう栽培に適している。従って、チリではオーガニックワインが盛んにつくられ、さまざまなつくり手がオーガニックワインを手掛けている。

レセルバ

チリワインには「レセルバ(RESERVA)」と記載してあるものを見掛けることがある。レセルバとは、英語読みするとリザーブ。チリワインで言うレゼルバには、アルコール度数が規定よりも0.5%以上高く独特の風味を持つワイン、といった意味がある。レセルバ、グラン・レセルバなどの表記があるワインにはチリワインの中でも特に優れたワインが多く、見つけたら優先して買っておきたい。

#foodblog En el d?a del vino, por qu? no disfrutar de una copa de Casillero del diablo? @elproximojuego

チリワイン、注目のワイナリー

サンタ・ヘレナ

チリのセントラルバレーを拠点として、ワインを生産するサンタ・ヘレナ。チリのつくり手の中で、いち早くワインの輸出に着手し、アルパカシリーズや、高品質ワイン「グラン・ヴィーノ」シリーズ、「シグロ・デ・オロ」シリーズなどを展開している。

[関連記事]サンタ・ヘレナ

コンチャ・イ・トロ

チリで最大のワインメーカーとして知られるコンチャ・イ・トロ。9000haを超える広大なぶどう畑を保有する。自社畑の土地柄を分析して最適なぶどう品種を育てるマッピングというシステムにより、優れたぶどうを栽培。「フロンテラ」「カッシェロ・デル・ディアブロ」「ドン・メルチョー」などの魅力的な銘柄を手掛けている。

[関連記事]コンチャ・イ・トロ

コノスル

1993年に設立されたワイナリーだが、すでにチリ国内で有数のワイン輸出量を誇るようになった。スクリューキャップの採用や有機栽培、新たな土地を開拓してのぶどう栽培など、挑戦的な取り組みを続け、「ヴァラエタル」「レセルバ」「シングルヴィンヤード」「20バレル」などのシリーズを生産する。

ミゲル・トーレス

スペインで140年以上にわたってワインづくりを続けるトーレスが1979年、チリに設立したのがミゲル・トーレスだ。ヨーロッパのつくり手としては、真っ先にチリに進出。ミゲル・トーレスによって、新世界ワインであるチリワインの魅力が世界中に伝わり、チリワインの台頭を促すことになった。

モンテス

醸造家のアウレリオ・モンテス氏など、ワインの専門家4人が集まって1988年に誕生したワイナリー。モンテスとして第1弾のワインとなった「モンテス アルファ カベルネ ソーヴィニヨン」がヨーロッパなどで高評価を受けた。エアラインのファーストクラスに採用されるなど、チリにおけるプレミアムワインのつくり手の代表格となっている。

[関連記事]モンテス

Vi?edos

チリワインに使われる主なぶどう品種

チリワインで有名なのが、チリでのぶどう収穫量において赤ワイン用品種の45%強を占めるカベルネ・ソーヴィニヨンだ。

他に赤はメルローカルメネールシラーなど、白はソーヴィニヨン・ブランシャルドネ、モスカ・デ・アレハンドリア、セミヨン、ペドロ・ヒメネスなど多くの品種がある。

赤ワインは長期熟成型、白は樽貯蔵による重厚なものが好まれるが、近年は軽いタイプも造られている。

Vinos chilenos (1)

チリワインの当たり年ヴィンテージ

ロバート・パーカーヴィンテージチャート によると、90点以上(傑出した出来栄え)を獲得した当たり年のヴィンテージは次のとおりだ。

2013年、2011年、2010年、2008年、2005年

Valle Secreto Private Edition 2010

チリワインの格付け

原産地呼称(D.O.)は農業保護庁農牧局(S.A.G)が管轄する。原産地呼称ワイン(D.O)は原産地表示、ブドウ品種、収穫年などを表示しており、現在認定されているのはコキンボ、アコンカグア、セントラルバレー、サウスの4地域である。原産地呼称のないワインは、ブドウ品種の指定がある国内産ワインである。日常消費用のテーブルワインは、品種、品質、収穫年は非表示である。

チリワインの歴史

ヨーロッパ以外のワイン生産国の中では、中国の次にチリが最も古いワインづくりの歴史を持つ。

かつては国内消費中心であったが最近ではスペインやフランス、アメリカなどの資本投入により、ヨーロッパ系品種を用いた近代的な醸造を行い、海外への輸出が大きく伸びている。

チリでは16世紀半ば以降スペインの征服者や宣教師などによってブドウ栽培が始まり、19世紀にヨーロッパのブドウ品種が多く持ち込まれた。また、19世紀後半にヨーロッパ全土を襲った害虫フィロキセラの被害がチリには全く及ばず、自国で職を失った多くのワイン醸造の専門家の多くがチリへと渡ったことにより、ワイン産業は本格的に発展した。

当時フランスから導入された苗木が現在も子孫を残していることから、純粋さという点においてはフランスを凌いでいるとも言える。接ぎ木をせずに自根で育てられた株が多く、チリでは樹齢100年を超す古木も珍しくない。また、ヨーロッパの産地では150年以上前に絶滅したとされるカルメネール種が1994年にチリで再発見され話題を呼んだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で