イタリア

イタリアワインの特徴とは ~おすすめワイン、ぶどう品種、当たり年ヴィンテージなど、基本の基礎知識~

   

イタリアは世界最大のワイン生産国。国際ぶどう・ワイン機構(OIV: International Organisation of Vine and Wine)によれば、2014年こそ首位の座をフランスに明け渡したが、2016年のイタリアにおけるワインの生産量は4万8800hL(ヘクトリットル)。2位のフランスは4万1900hLで、3位のスペインは3万7800hLだ。

イタリアワインの魅力の1つは、土着のぶどう品種を生かした多様性にある。一説によると、イタリアにあるぶどう品種は2000種類以上だという。海外のワイン情報サイトには「イタリア人がよくやる誇張ではないだろうか」と指摘するところもあるが、それでも公式に認められたぶどう品種は350種ほどもある。

イタリアは南北約1000kmに及び、地域ごとの変化に富んだ気候や風土が特徴だ。これら全ての地域でワインがつくられている。歴史的に地方ごとに独自の文化が築かれたことや前述のぶどう品種の多彩さなどが要因となり、イタリアワインは非常に多様性に富んでいる。

それでは、イタリアワインの特徴を抑える上で、どんなワインを飲んでおくべきなのだろうか。いくつか特徴が分かりやすいおすすめのイタリアワインを紹介していこう。

Vigneti poliziani

おすすめのイタリアワイン

イタリアワインで押さえておきたいおすすめワイン/ワイン産地は次のとおりだ。

アマローネ

希少価値がある最高級赤ワイン「アマローネ」。ヴェネト州ヴェローナ近郊のヴァルポリチェッラ地区でつくられる伝統的なワインだ。ぶどうを収穫した後、優れたぶどうだけを選り分けて陰干し(アパッシメント)してから醸造する。アマローネには「苦味」という意味があり、口に含むとチョコレートを思わせる苦味を感じさせる。

バローロ

ピエモンテ州バローロ村で栽培されるネッビオーロ種からつくられるワイン・バローロ。DOCGに格付されたワインの中でも、バローロは「ワインの王様」と呼ばれている。肉料理に合う重厚な口当たりで「王様」という風格が漂うワインだ。

[関連記事]バローロワインの特徴とは

バルバレスコ

こちらもピエモンテ州にあるバルバレスコ。バローロが「ワインの王様」なら、バルバレスコは「イタリアンワインの女王」。バルバレスコはバローロと人気を二分する高級イタリアワインだ。

[関連記事]バルバレスコワインの特徴とは

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

バローロ、バルバレスコと並んで、「イタリア3大赤ワイン」と呼ばれるのがブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。トスカーナ州で生産され、ぶどう品種としてはブルネッロが用いられる。

[関連記事]ブルネッロ・ディ・モンタルチーノワインの特徴とは

フランチャコルタ

瓶内2次発酵(メトドクラシコ)方式でつくられる最高級スパークリングワイン。品質に関する基準が厳しく、「フランチャコルタの奇跡」「イタリアのシャンパーニュ」などと称される。

[関連記事]フランチャコルタワインの特徴とは

キャンティ

トスカーナ州にあるキャンティ地方でつくられるワイン。イタリア最大のD.O.C.G.ワインの産地であり、1000円強で購入できるお手頃なものもある。最近は、「キャンティ・クラシコ」「キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ」など、より品質にこだわり、さまざまな規定をクリアしたワインも生産されるようになっている。

[関連記事]キャンティワインの特徴とは

Succede alle cantine Caprai...

イタリアワイン、注目のワイナリー

アンティノリ

14世紀からワインづくりを続けるイタリアの超名門ワイナリー。その伝統に甘んじず、スーパータスカン「テイニャネロ」「ソライア」を世に送り出した。トスカーナ州、ウンブリア州、ピエモンテ州、ロンバルディア州など、イタリア各地でワインを生産している。

ガヤ

イタリアのワイン専門誌『ガンベロ・ロッソ』が最高のワインに贈る最高賞トレ・ビッキエリ。その獲得数が最多のワイナリーがガヤだ。1859年、ピエモンテにワイナリーを設立。最高峰のバルバレスコのつくり手だ。

[関連記事]ガヤ

テヌータ・サン・グイド(サッシカイア)

イタリアワインで初めてパーカーポイント100点を獲得したワイナリー。その顔とも言えるスーパータスカン「サッシカイア」は、『ワインエンスージアスト』誌にて歴代最高評価の99点を記録、2016年には『ガンベロ・ロッソ』誌で最高評価トレ・ビッキエリを獲得した。

[関連記事]テヌータ・サン・グイド(サッシカイア)

ベラヴィスタ

スカラ座でも公式採用されているフランチャコルタのつくり手。『ガンベロ・ロッソ』誌で2008年、年間最優秀ワイン醸造家に選ばれたマネッティア・ヴェッツォーラ氏が指揮を執る。ぶどうはすべて有機栽培、手摘みで収穫し、4~10年もかけてワインを熟成させる。

[関連記事]ベラヴィスタ

ガンチア

スパークリングワイン「アスティ スプマンテ」を手掛ける。年間約2500万本のスパークリングワインを製造。日本でも数多くのワインが数々の賞を受賞した。

[関連記事]ガンチア

チンザノ

白ワインをベースとしてスパイスや香草を加えたフレーバードワイン「ベルモット」の製造元として知られている。日本でもその名をよく知られるワイナリーだ。

[関連記事]チンザノ

Old white wine

イタリアワインに使われる主なぶどう品種

サンジョベーゼ(赤ワイン用/約7万1000ha)

トスカーナ地方などで生産されるぶどう品種。主に、キャンティなどの原料として利用される。亜種がブルネッロ・ディ・モンタルチーノに利用され、スーパータスカンの製造にも使われるなど、イタリアを代表するぶどう品種だ。
色味は濃いルビー。味と渋味が強く感じられ、香りが弱めなのが特徴だ。

[関連記事]サンジョベーゼ

トレッビアーノ(白ワイン用/約5万5000ha)

世界で2番目に多く栽培されているぶどう品種。イタリアでつくられる白ワインの3分の1にトレッビアーノが使用されている。フランスでは「ユニ・ブラン」と呼ばれている。
トレッビアーノからは、若葉の香りを感じられ、フレッシュでフルーティーさの強い白ワインが仕上がる。

[関連記事]トレッビアーノ

モンテプルチアーノ(赤ワイン用/約3万5000ha)

アブルッツォ州などを中心に栽培される。モンテプルチアーノ・ダブルッツォなどの原料として利用される。チェリーやアーモンド、シナモンなどの香りが感じられ、深いルビー色の赤ワインを生み出すことができる。

カタラット(白ワイン用/約3万5000ha)

チリア島の土着ぶどう品種。マルサラ酒にも利用され、花や果実のアロマをしっかりと感じられる白ワインへと変貌する。

バルべーラ(ワイン用/約2万1000ha)

[関連記事]バルべーラ

アリアニコ(赤ワイン用)

ギリシャからイタリアに伝わってきた黒ぶどう。タウラージなどの赤ワインに利用され、長期熟成に耐えられる。タンニンが豊富で、チェリーのような香りが特徴。

ネッビオーロ

前述のバローロやバルバレスコといったイタリアを代表する高級ワインを生み出すぶどう品種。ピエモンテ州やロンバルディア州などで栽培される。強い担任と酸味が特徴で、ワイン全体のバランスを取るために長期熟成が必要になる。

[関連記事]ネッビオーロ

※ぶどう品種名の右側に記載の数字は2010年の栽培面積
ソース: Istat, 6th General Census of Agriculture (2010)

Podere Erica - Organic Wine

イタリアワインの当たり年ヴィンテージ

ロバート・パーカーヴィンテージチャート によると、96点以上(まれに見る出来栄え)を獲得した当たり年のヴィンテージは次のとおり。

カンパーニャ > タウラージ 2010年
ピエモンテ > バルバレスコ 2001年、1996年、1990年、1989年、1982年、1978年
ピエモンテ > バローロ 2010年、2006年、2001年、1996年、1990年、1989年、1982年、1978年
トスカーナ > ボルゲリ 2009年、2006年
トスカーナ > ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2010年、2007年、2006年
トスカーナ > クラシコ 2013年、2010年、2006年
シチリア島 > エトナ 2014年

イタリアワインの当たり年としては、おおむね80点台後半(平均以上~素晴らしい出来栄え)や90点台前半(ずば抜けた出来栄え)のヴィンテージが目立つが、2014年、2002年、1994年、1992年、1991年については、残念ながら評価が低い。当たり年のヴィンテージワインを引き当てたいのなら、注意が必要だろう。

イタリアワインの格付け

フランスではテロワールの概念が定着していて産地からある程度の性質を推測することができるのに対し、イタリアワインは地方の多様性もさることながら作り手の個性が前面に出る傾向にあり、ワインの選択に際しては生産者ごとの評価を考慮する必要がある。

イタリアワインの格付けは2009年に更新され、保護原産地呼称ワイン(DOP)、地域特性表示ワイン(IGP)、地理的表示のないテーブルワインVdT)に三分類される。かつてDOCGとDOCという分類があったが、現在はDOPに括られている。

DOCGは赤ワインには紫色、白ワインには黄緑色のラベルが瓶の口に貼られていた。現在はDOPに統括されているとはいえ、ラベルには旧表示の仕様が認められている。

DOPワインは産地、品種、醸造法、熟成期間などが細かく定められており、IGPワインは使用されている品種と生産地のみが表示される。

従来の格付け基準にとらわれずに造られる上質なVdTをスーペルVdT、とくにトスカーナ産のものをスーペル・トスカーナと呼ぶ。フランスなど外国品種のブドウを多い割合で使うことが多い。

[関連記事]イタリアワイン、ラベルの読み方を学ぼう ~ワイン選びをもっと楽しく!~

イタリアワインの歴史

イタリアワインの歴史は古代ローマ以前に遡り、ヨーロッパにおけるワイン醸造の歴史を語るのに不可欠な存在だ。

イタリアワインの歴史は古代ギリシャ人によってもたらされた。紀元前12世紀以前には南イタリアやシシリアでワイン用のブドウ栽培が始まり、紀元前8世紀の古代ローマ時代には既に確立していたとされる。

その後、ローマ帝国の繁栄と共にワイン文化が栄え、現在のフランスやスペインなどのヨーロッパ地域に広がっていったとされる。かつて古代ギリシャ人はイタリア半島を「エントリーァ・テルス」(ワインを造る大地)と呼んだとされ、古代からイタリアがワイン造りに恵まれた風土であったことを物語る。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で