メルロー

メルローとは――味の特徴、おすすめワイン、主な産地をチェック

   

意味/品種

フランス南西部のボルドー地方原産の赤ワイン用ブドウ品種。広く世界的に栽培されている代表的な黒ブドウ品種で、カベルネ・ソーヴィニヨンカベルネ・フランとブレンドされるボルドースタイルのワインに多く使用される他、メルロー単体のワインも多くつくられる。フランス国内で栽培される黒ブドウの中で、最も生産量が多い品種。世界規模で見ても、カベルネ・ソーヴィニヨンに次ぐ2位の生産量を誇る。

ルーツとしては、カベルネ・フランとマドレーヌ・ノワール・デ・シャラントの系譜にあることがDNA分析によって分かった。マルベックとも親戚関係に当たる。特にシノニムを持たず、どの国でも「メルロー」と表記される。

最高のメルロー種の生産地はボルドーのAOCポムロールで、ボルドーから地中海沿岸まで幅広く栽培されている。土壌の塩分に弱いとされてはいるが、概して様々な生育条件や気候に問題なく適応する。

19世紀までは2流品種と考えられていたが、現在では最高品種の一つとされている。近年ではメルロー単一で醸造されたワインの評価が高まり、AOCサン・テミリオンやAOCポムロールといった地区ではカベルネ・ソーヴィニヨンよりも多く配合される。ポムロールの最高級ワインであるシャトー・ペトリュスはメルローのみを使用することも多い。

44/365

味わい/香り

同じボルドーの代表的な品種カベルネ・ソーヴィニョンに比べると、色はやや朱色を帯びており、香りはカベルネ・ソーヴィニョンがスミレやカシス、オレンジのようなフローラルな香りがするのに対し、メルロー(merlot)はブラックチェリーやプルーンなどの熟した黒い果実の香りや、コーヒーやチョコレートの香りがすると言われている。

味はカベルネ・ソーヴィニョンほど味やタンニンは強くなく、芳醇でまろやかで繊細な味わいである。力強いカベルネ・ソーヴィニヨンとのブレンドによりバランスのとれた飲みやすい風味が引き出される。単体で醸造されるワインはよく「シルキー」や「絹のような」「なめらかな」という表現をされるとおり、スムーズでエレガントなワインを作りやすい。

Wine

特徴

フランスのその他の地域については、南西部のアキテーヌ地域圏では、ボルドーを有するジロンド県に隣接するドルドーニュ県やロット・エ・ガロンヌ県において、メルローやカベルネ・ソーヴィニヨンを使ったボルドーと似たタイプのブレンドワインが作られている。

一方、地中海に面した南仏ラングドック・ルーション地域のAOCマルペールなどでは1980年前後から地酒にあたるヴァン・ド・ペイクラスのワインでメルローを使った高品質のワインが多く作られるようになり、中にはボルドーのシャトーのものに劣らない優れたものもある。

味わいの特性上、カベルネ・ソーヴィニヨンが得意とする赤肉のローストやステーキなどよりも、全体がまろやかにまとまった煮込み料理などに合わせられることが多い。スパイシーな味付けの料理やインパクトのあるジビエ料理などには、メルローの味わいが負けてしまうため注意が必要だ。

優しい味わいを生かし、肉じゃがやすき焼きなどにも上品に合わせることができるため、和の食卓にも重宝するワインと言える。

6 years of Merlot

主な産地

メルローは病気に強く比較的タフな品種のため、産地をあまり選ばず栽培がしやすい。また、気温があまり高くない地域でも熟するため、他のぶどうの栽培が難しい寒い土地でも栽培されている。

イタリアではほぼ全域で栽培されており、ヴェネト州などでは地酒にあたるIGPワインが多く作られている。

日本は高温多湿なため、カベルネ・ソーヴィニョンやピノ・ノワールは作りにくいのに対し、メルローは日本の気候に合っており、長野県や山梨県、北海道などでメルローの優れたワインが作られている。特に長野県の塩尻周辺では質の高いメルローの栽培に成功し、コンクール等でも好成績を収めている。

他には、アメリカの各地やチリアルゼンチンオーストラリア南アフリカなどでも多く栽培される。

Merlot and Mountains

メルローを使ったおすすめワイン

・マプ・メルロー/バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ
ロスチャイルド家がチリのセントラルバレーで手掛けるコスト・パフォーマンスに優れたワイン。
たっぷりの日差しを浴びて十分に熟したメルローは、優しい個性とジューシーな果実味が同居し、バランスが良好だ。
値段的にも味わい的にも、日常の和の食卓にぴったりな1本だ。

・シャトー・プピーユ/フィリップ・カリーユ
ワイン漫画「神の雫」で紹介され、大ヒットワインとなった「プピーユ」のセカンドワイン。
ボルドーのサン・テミリオンに隣接するコート・ド・カスティヨンから綺羅星のごとく現れた作り手・カリーユは、メルローの真価を引き出す天才とも評される。その味わいはまさに、絹の舌触りといえる。
日常使いできるレベルの値段でワンランク上の味わいを実現している。

・桔梗ヶ原メルロー/シャトー・メルシャン
シャトー・メルシャンの、そして日本ワインの新たな扉を開いたとも言えるエポックメイキングなワイン。
すべての要素の心地よい「調和」をコンセプトに、料理に合わせやすいワインを目指してきた歴史の長いワインだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で