メルロー

メルローとは

   

メルローの意味/品種

フランス南西部のボルドー地方原産の赤ワイン用ブドウ品種。広く世界的に栽培されている代表的な黒ブドウ品種で、カベルネ・ソーヴィニヨンとブレンドされるボルドースタイルのワインに使用される。

最高のメルロー種の生産地はボルドーのAOCポムロールで、ボルドーから地中海沿岸まで幅広く栽培されている。土壌の塩分に弱いとされてはいるが、概して様々な生育条件や気候に問題なく適応する。
19世紀までは2流品種と考えられていたが、現在では最高品種の一つとされている。近年ではメルロー単一で醸造されたワインの評価が高まり、AOCサン・テミリオンやAOCポムロールといった地区ではカベルネ・ソーヴィニヨンよりも多く配合される。ポムロールのシャトー・ペトリュスはメルローのみを使用することも多い。

44/365

メルローの味わい/香り

同じボルドーの代表的な品種カベルネ・ソーヴィニョンに比べると、色はやや朱色を帯びており、香りはカベルネ・ソーヴィニョンがスミレやカシス、オレンジのようなフローラルな香りがするのに対し、メルローはブラックチェリーやプルーンなどの熟した黒い果実の香りや、コーヒーやチョコレートの香りがすると言われている。味はカベルネ・ソーヴィニョンほど味やタンニンは強くなく、芳醇でまろやかで繊細な味わいである。力強いカベルネ・ソーヴィニヨンとのブレンドによりバランスのとれた飲みやすい風味が引き出される。

Wine

メルローの特徴

フランスのその他の地域についは、南西部のアキテーヌ地域圏では、ボルドーを有するジロンド県に隣接するドルドーニュ県やロット・エ・ガロンヌ県において、メルローやカベルネ・ソーヴィニヨンを使ったボルドーと似たタイプのブレンドワインが作られている。
一方、地中海に面した南仏ラングドック・ルーション地域のAOCマルペールなどでは1980年前後から地酒にあたるヴァン・ド・ペイクラスのワインでメルローを使った高品質のワインが多く作られるようになり、中にはボルドーのシャトーのものに劣らない優れたものもある。

6 years of Merlot

メルローの主な産地

イタリアではほぼ全域で栽培されており、ヴェネト州などでは地酒にあたるIGPワインが多く作られている。
日本は高温多湿なため、カベルネ・ソーヴィニョンやピノ・ノワールは作りにくいのに対し、メルローは日本の気候に合っており、長野県や山梨県などでメルローの優れたワインが作られている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で