ヴィオニエ

ヴィオニエとは――味の特徴、おすすめワイン、主な産地をチェック

   

ヴィオニエの意味/品種

ヴィオニエ(Viognier)とは、フランス南東部ローヌ地方の北部コンドリュー地区で主に生産されている白ワイン用ブドウ品種。しっかりとした芳香が特徴的な白ワインのブドウ品種。
果実の華やかな香りとフローラルな香りがあり、比較的穏やかな味があるやや辛口。

シャルドネに劣らないフルボディで優良なものが多いとされているが、生産者や栽培される地域によって特徴は大きく異なりうる。

First of the summer wine

ヴィオニエの味わい/香り

フランス・ローヌ地方北部のヴィオニエは豊かでありながらデリケートな香りで高名である。ヴィオニエはシャルドネと比較すると桃や梨やスミレを感じる自然な芳香が特徴的であるが、その繊細な芳香は樽発酵の段階で酸素にさらされ過ぎると失われてしまうことから、この品種のワインを造るには高度な技術が必要であるとされる。 

また、十分に暖かく暑すぎない気候が最適とされ、その環境下で濃い黄色に完熟した良質なブドウのみを収穫することで理想的な糖度となり、その糖度をもってしないと特有の上質な香りや上品な酸味が出ず、オイリーで香りに欠けた味わいとなってしまう。

Viognier

ヴィオニエの特徴

病気にかかりやすいことなどから一般に栽培が難しい品種であるとも言われており、収穫量に対するワイン生産量が高くない品種なので、経済的な大量生産には適さないと言われている。1960年代にはフランスの北部ローヌ地方で1ヘクタールの畑で年間1900リットルのワイン分しか生産されておらず存亡の危機にあったが、その後人口増加とともにワインの価格も上昇し現在では北部ローヌのコンドリュー地区やその中に含まれるシャトー・グリエといった300ヘクタール程度の土地で産出されている。ヴィオニエは植樹後15-20年程度しないとよい果実が実らないとされているが、ローヌ地方においては最低でも70年以上の栽培の歴史がある。

Viognier

ヴィオニエの主な産地

1990年代以降は栽培エリアが世界に広がり、現在はアメリカ西海岸のカリフォルニアやワシントン、オーストラリアが世界的な産地とされる。フランスではラングドック地域でも広く栽培されるようになった。南アフリカニュージーランド、ギリシャ、日本などでも栽培されている。とはいえ、比較的栽培量の少ない品種であると言える。カリフォルニアやオーストラリアでは赤ワインシラーズに少量を加えることでシラーズの味わいや色味を豊かにする手法も採用されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で