イタリア南西に浮かぶシチリア島は、ヨーロッパ最大の島として知られる。東部には島のシンボルとなる活火山エトナ山があり、2013年には世界遺産に登録された。
この地域ではかねてから混醸用のワインが多く作られてきたが、最近では意欲的な生産者による高品質なワインもつくられており、注目を集めつつある。

シチリア島のワイン生産地は、西部のマルサラやアルカモ、東部のエトナやチェラスオーロ・ディ・ヴィットーリアに二分される。このうち、D.O.C.G.指定を受けているのはチェラスオーロ・ディ・ヴィットーリアの赤ワインのみとなる。
また、シチリア本島のみならず、北東に浮かぶ諸島も独立してD.O.C.指定を受けている。火山性の石灰土壌で育つぶどうからは、甘口のデザートワインがつくられている。

大きな特徴として、ぶどうの固有品種が非常に多いことが挙げられる。
イタリア本土では栽培されていないものがほとんどだ。フラッパートやネーロ・ダーヴォラなどはその代表品種といえる。
つくられるワインも多岐に渡るが、総じて飲みやすくコクのあるワインをつくり出すのが特徴。

【シチリア地区の生産地区分】

<ヴィットーリア(チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア)>
シチリア島南東部、ラグーザ周辺。島内唯一のD.O.C.G.指定を受けた赤ワインのチェラスオーロは、固有品種ネーロ・ダーヴォラとフラッパートによる、ボディのしっかりしたワインだ。
モンテプルチャーノによるロゼも「チェラスオーロ・ダブルッツォ」としてD.O.C.認定されている。

<マルサラ>
シチリア島西部、トラッパーニを含む地域。
シェリーやマディラなどと並ぶ、酒精強化ワインの産地として世界的に有名。白系のオーロとアンブア、赤系のルビーノの3種類がある。
白系はカタッラット種、インツォリア種、グリッロ種などを原料とする。また、ルビーノはペッリコーネ種、ネーロ・ダーヴォラ種、ネレッロ・マスカレーゼ種の使用が認められる。

<アルカモ>
シチリア島北西部の丘陵地帯、9つの市からなる。映画「ゴッドファーザー」で有名なコルレオーネ村もある。
固有種のカタラットをベースにした辛口の白がメイン。

<コンテッサ・エンテッリーナ>
シチリア州の北西部、パレルモの南にある内陸部の渓谷に位置する。
白はインツォリア種をベースとした辛口がメインだが、ミュラー=トゥルガウベース種のものや若飲みタイプ、遅摘みの糖度を高めたインツォリア種による甘口など多彩。
赤はネーロ・ダーヴォラ種やシラー種がベースとなり、混醸にカベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロー種、ピノ・ノワール種が用いられる。

<エトナ>
エトナ火山周辺を囲むように位置する。土壌は火山性の黒色石灰岩。
白はカッリカンテ種がベース。赤はネレッロ・マスカレーゼ種、ネレッロ・カップッチョ種によるフルボディタイプ。同じ原料を用いた、早飲みタイプのロゼもある。

<リーパリ(マルヴァジア・デッレ・リーパリ)>
シチリア北東、エオリア諸島のD.O.C.。琥珀色の甘口白ワインがメイン。原料となるのは固有品種のマルヴァジア・デッレ・リーパリ。陰干しによって糖度を高めたものが使用される。

<パンテッレリア>
シチリアとチュニジアの間にある小島。アフリカに近い気候で、高温と強風に耐えるためぶどうの苗は低地にある。
モスカートとパッシートがD.O.C.認定されている。固有品種ズィビッボによる甘口のデザートワイン。長期保存できるリキュールタイプ(リクォローソ)もある。

  • 未分類

    フェウド・ジルターリ

    特徴・ポイント フェウド・ジルターリ(Feudo Zirtari)は、イタリア国内でもトップクラスの大手ワイン会社であるサンタ・マルゲリータ社の所持するワイナリーだ。 ワインづくりのこだわり 古くからワイン造りが行われて…

  • 未分類

    トッレ・サラチェーナ

    特徴・ポイント イタリアのシチリアにあるワイナリー、トッレ・サラチェーナ(Torre Saracena)は、イタリア国内で最も古い歴史と規模を持つG.I.V.(グルッポ・イタリアーノ・ヴィーニ)社の抱えるブランドの一つ。…

  • 未分類

    テヌータ・ラピタラ

    特徴・ポイント ワイン作りに適した気候に恵まれたシチリア島のベリーチェ渓谷にあるワイナリー。225haの自社畑を所有し、地中海の気候と風土の特長を最大限にいかしたワイン造りを続けている。 ワインづくりのこだわり 海抜30…

  • 未分類

    ヴィットーリアワインの特徴とは

    ヴィットーリアの気候・風土 ヴィットーリアは、シチリア島のラグーザ県にある地区。1973年からDOC(統制原産地呼称ワイン)に認定されていたが、2005年にはシチリアの中で唯一、最も厳正な規定を持つDOCG(統制保証付原…

  • マルサラ
    未分類

    マルサラワインの特徴とは

    気候・風土 マルサラ(Marsala)はシチリア島西部に位置する。 溶岩土壌の肥沃な土地で、太陽の光を十分に浴びながら育ったぶどうは、ミネラル豊富で糖度が高い。シチリア島内で最もワインの生産量が多い地域だ。 マルサラワイ…

  • 未分類

    アルカモワインの特徴とは

    アルカモの気候・風土 アルカモはシチリア島北西部に位置する地域。海抜300~500mの丘陵地帯で、南部には標高800 mほどのモンテ・ボニファト(Monte Bonifato)山がある。 豊かな日差しを浴びながら、粘土砂…

  • 未分類

    エトナワインの特徴とは

    エトナの気候・風土 エトナは、シチリア島東部にある活火山・エトナ火山の東側に位置する地域。北はランダッツォ、南はサンタ・マリーア・ディ・リコディーアに広がる。 豊かで黒い土壌の広がる火山灰地帯で、シチリア島内で最も標高も…

  • 未分類

    パンテッレリアワインの特徴とは

    パンテッレリアの気候・風土 パンテッレリアは、イタリア・シチリア島とチュニジア(アフリカ)の間にある小さな島だ。 強風で知られ、1年中吹きつけている風は、時には50度を超える熱風になる。このため、パンテッレリア島で栽培さ…