ニュージーランド

ニュージーランドワインの特徴とは

   

ニュージーランドは世界でも新しい産地のひとつで、1980年代後半にソーヴィニヨン・ブラン、1990年代末からピノ・ノワールを使ったワインがつくられるようになった。

その後もワイナリー数と生産量は年々増加。ニュージーランドワインの赤白比率は約1:6と白が多いのが特徴の一つでもある。特にソーヴィニヨン・ブランは人気の高い白ワインとして知られている。

生産地域は北南の二島に存在するが、南島のマールボロ地区だけでニュージーランド全生産量のおよそ半分を占めている。そのほかの主要産地は北島にギズボーン、ホークス・ベイ、ワイララパ(マーティンボロー)、南島にセントラル・オタゴがある。

マールボロのソーヴィニヨン・ブラン、ワイララパとセントラル・オタゴのピノ・ノワールの評価が特に高い。

栽培品種として、白ワインではソーヴィニヨン・ブランやシャルドネ赤ワインではピノ・ノワール、メルローカベルネ・ソーヴィニヨンといった品種の人気が高い。特にソーヴィニヨン・ブランは全生産量の66%と最重要のぶどう品種となっている。

また海外への輸出がワイン全販売量の7割を占め、輸出ありきの生産体制となっていることがうかがえる。輸出先はアメリカ、イギリス、オーストラリアが多く、この3国で全輸出量の8割を占めている。

同国は島国であり日本と同様に南北に長く、ぶどう産地のほとんどが東海岸に存在する。北島は亜熱帯のようなトロピカルな雰囲気があり、首都オークランドなどはこの地域に位置する。

ニュージーランドのワイン産地はほぼ全土が西岸海洋性気候だが、世界で最も南に位置するワイン生産地域であるセントラル・オタゴのみ大陸性気候で非常に乾燥している。

ニュージーランドでワインの人気が高くなってきたのはこの10年程で、この30年間で個人のワイン消費量が10倍になった。歴史も浅く流通も多くはないが、恵まれた土壌で作られる高品質なワインや、スクリューキャップを導入し定着する事で親しみやすさも後押しし、今では世界的に認められる生産国となった。今や全ボトルワインの99%以上がスクリューキャップを採用している。

SILENI ESTATES WINERY

おすすめのニュージーランドワイン

ニュージーランドワインで押さえておきたいおすすめワイン/ワインジャンルは次のとおりだ。

・マールボロ/ソーヴィニヨン・ブラン
南島のマールボロ地区はニュージーランドのワインを世界レベルに押し上げた立役者とも言える。同国内で最大の栽培面積を誇り、その8割でソーヴィニヨン・ブランが栽培されている。
特徴としては、ソーヴィニヨン・ブラン特有のハーブや青い草のような香りと、パッションフルーツやグアバなどのトロピカルフルーツの風味が上手く調和していることだ。このスタイルのソーヴィニヨン・ブランはセンセーショナルな熱狂を呼び、各国の生産者に追随されることとなった。

・ホークス・ベイ/メルロー、シラー
北島のホークス・ベイはマールボロに続く規模の生産地。ソーヴィニヨン・ブランのほか、メルローやシラーなど黒ぶどうの栽培が行われている。近年は、お隣のオーストラリアとは一味違う、冷涼地帯で栽培されたシラーの味わいが高評価を得ている。

・セントラル・オタゴ/ピノ・ノワール
同国内で最も南端に位置するワイン産地で、昼夜の気温差が大きく、夏場はほとんど雨が降らない。ピノ・ノワールの一大産地として知られる。
夏は短いが、ぶどうの生育期間中、昼は34℃、夜は10℃といった極端な気温差となり、果実の熟成感と繊細な味を両立する稀有なピノ・ノワールの収穫を可能にしている。

Mountford Pinot Noir, Waipara

注目のワイナリー

・クラウディ・ベイ
マールボロのソーヴィニヨン・ブランといえばクラウディ・ベイと言われてきたほど、その緻密なワインづくりを評価されてきたワイナリーだ。
すっきりとした爽快感と、ハーブの香り、フルーツの魅惑的なアロマが調和した同社のソーヴィニヨン・ブランは、ベスト・セラーの1本だ。現在はLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)傘下にあり、世界中で人気のワインとなっている。

・ドッグ・ポイント
クラウディ・ベイの礎を作った醸造家と栽培技術者がタッグを組み、マールボロの真価を引き出したワインをつくっている。ソーヴィニヨン・ブランはもちろんのこと、ピノ・ノワール、シャルドネも手掛け、どの品種も奥行きのある複雑さと豊かな味わいが特徴だ。

・マヒ
先住民マオリの言葉で「作品」「工芸品」といった意味を持つ「マヒ」。
その言葉のとおり、手積み収穫や野生酵母といったこだわりを持って丁寧につくり上げられたワインは、実にピュア&シンプル。
個性を失いつつあるマールボロのソーヴィニヨン・ブラン市場のなかで、マールボロらしさを表現するという原点を見失わずワインづくりを続け、着実に評価を上げている。

・シレーニ・エステイト
北島ホークス・ベイにワイナリーを構え、その質の安定した高さとコストパフォーマンスの良さから国内外の人気を博しているシレーニ。日本でも人気筆頭、一番輸入されているニュージーランドワインだ。

Autumn Vines & Withers

主なぶどう品種

・ソーヴィニヨン・ブラン(白ワイン用/約2万ha)
・ピノ・ノワール(赤ワイン用/約0.5万ha)
・シャルドネ(白ワイン用/約0.3万ha)

SILENI ESTATES WINERY

当たり年/ヴィンテージ

ロバート・パーカーヴィンテージチャート によると、96点以上(まれに見る出来栄え)を獲得した当たり年のヴィンテージはない。
しかし、あまり評価の高くない1980年代後半から2000年前後に比べると、2000年代中盤以降はぶどうの評価が一定して上がっており、2008年と2012年を除いては、概ね80点台後半から90点台という高評価がついている。

Yealands Winery & Vineyard, Marlborough

格付け

ニュージーランド食品衛生安全局が、ワイン生産の基準とラベル表記などを管理している。関連法令はオーストラリア・ニュージーランド食品基準規約、食品法(1981年制定)、改定ワイン法(2003年)などがある。
単一の品種名、収穫年、産地名の表記には、それぞれ85%以上のぶどうを使用していなければならない。複数の品種等を表示する場合には、使用比率の多い順に表示する。
2006年11月に地理的表示に関する制定法が成立し、地理的表示(GI)が指定されるようになる予定だが、現在はまだ法律的な規制はまだなく、今後整理されていく予定だ。

Te Mata Estate

ワインの歴史

1819年に隣国オーストラリアから北島のケリケリにブドウの木が持ち込まれた。当時持ち込まれた品種は複数に渡り、数は100本程度であったと言われている。原住民であるマオリ族に農業を教える一環であったが、この時点ではまだワインが醸造された記録はない。

北島でのワインづくりは、オーストラリアのぶどう栽培において非常に重要な役割を果たした人物、ジェームズ・バズビー氏により、1836年北島ワイタンギに開かれたぶどう畑から始まった。1852年イギリス自治領となったニュージーランドでは北島でいくつかの生産地が発展したほか、南島でも1875年にはワイン生産が始まり、ヨーロッパ大陸におけるワインの歴史と同様に、キリスト教の布教とぶどう栽培という密接な関係を持ちながら国内に広がっていった。

Components

1900年代初頭、レバノン移民やダルマチア地方からの移民が北島でワイン作りを始め、その頃からのワイナリーが老舗としていくつか現在も残っている。とはいえ、20世紀中盤までは現在のような辛口ワインではなく、酒精強化ワインの醸造がメインであった。

同時に、第二次大戦大戦前後よりワイン価格は急騰し、需要に生産量を追いつかせるため、水を加えたり砂糖を加えたりした粗悪品が販売されていた。

近代的なワイン醸造が始められたのは1973年以降ミュラー・トゥルガウの栽培が奨励されてからで、このころには日本にも国産ワイン用の原料として甘口のワインが大量に輸入されていた。

北島ギズボーン地域でのミュラー・トゥルガウの栽培が成功し、その後1995年にソーヴィニヨン・ブランが栽培量トップになるまで、ミュラー・トゥルガウは広く生産されていた。ちなみに、冷涼な南島で良質なぶどうが育つとは考えられていなかったことが南島のワインづくりの発展を遅らせた。

wine barrels (IMG_3897c)

ワインづくりが急激に広がったことで一時は生産過剰となり品質が下がってしまったが、これを憂慮した政府がぶどう耕作地を減反し、規模を縮小することで品質向上に成功した。

その後、南島マールボロのソーヴィニヨン・ブランがコンテストで頻繁に入賞し、良質なシャルドネが栽培されるようになるなど、徐々にニュージーランドワインの評価が世界的に高まってきた。

1996年には原産地統制呼称法が成立した。白に遅れてピノ・ノワール、メルローやシラーなどの黒ぶどうの導入、高級ワインへの亜硫酸無添加、スクリューキャップの定着など、さまざまな試みに挑戦して変化を遂げている。

ピノ・ノワールについても非常に品質の高いぶどうの栽培がされており、小規模ながら意欲的な作り手が数多くしのぎを削っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で