シャルドネ

シャルドネとは――味の特徴、おすすめワイン、主な産地をチェック

   

シャルドネ(Chardonnay)とは、フランス東部のブルゴーニュ地方原産の白ワイン用ぶどう品種。白ワイン用品種として世界一の人気を誇る高級品種で、世界中のあらゆるワイン産地で生産されている。
特に、フランス・ブルゴーニュ地方でつくられる白ワイン「シャブリ」や、同・シャンパーニュ地方でつくられるスパークリングワイン「シャンパーニュ」の素材として知られている。

シャルドネの特徴

強烈な個性的やクセはなく中立的であるため、機会を選ばず楽しむことができる。またそれ故にテロワールや醸造法、つくり手の個性の影響を大きく受け、樽発酵、マロラクティック発酵、バトナージュ、樽熟成などの組み合わせによって、黄金色をしたボディのある魅力的なワインが生まれる。

bourgogne19

シャルドネの味わい/香り

この品種は春霜や病気に掛かりやすいが適応性が高く、冷涼な地域から温暖な地域まで良質のワインを造ることができる。

ブルゴーニュのシャブリ地区やカリフォルニアのロス・カーネロス地区のような冷涼な土地ではミディアムからライトボディで、味が比較的強く、スモモ、リンゴ、梨などの香りのワインが造られる。

オーストラリアアデレード・ヒルズニュージーランドのマールボロ地区などの比較的温暖な土地ではより柑橘系で、桃やメロンの香りが加わる。

更に温暖なカリフォルニアのセントラル・コーストなどでは、バナナやマンゴーなど南国の果実、イチジクの香りが立つ。マロラクティック発酵を用いたワインは、酸味や果実味が和らぎ、バターのような舌触りやヘーゼルナッツの香りが醸しだされる。

Chardonnay

シャルドネを使ったおすすめワイン

シャルドネを使った良質なワインは世界中にあふれており、ピックアップするのが非常に難しい。
産地各地の特徴がよくつかめる同時に手に取りやすい価格帯のものを何本かセレクトしてみた。飲み比べをすると、同じ品種とは思えないほどの味わいのバラエティの豊かさに驚かれることだろう。

・シャブリ・ヴィエイユ・ヴィーニュ/ジャン・リケール
ブルゴーニュで最も注目されてきたつくり手の1人、ジャン・リケールのシャブリ。上質なぶどうのみを使い、凛としたミネラルにフレッシュかつ奥深い味わいを実現した。

・ファンティーニ・シャルドネ/ファルネーゼ
イタリアのワインガイドで最優秀生産者に選ばれたこともあるファルネーゼ家のつくるシャルドネ。果実味を最大限に引き出したまろやかでコクもある辛口だ。

・シャルドネ234/エナーテ
数多い白ワイン品種があふれるスペインでも、シャルドネを使ったワインは多くつくられている。カラッとしたスペインらしい味わいで、星付きレストランにオンリストされている人気ワインだ。

・ソノマ・カウンティ・シャルドネ/シミ
カリフォルニアで130年もの歴史を誇るワイナリー。ワイン・オブ・ザ・イヤー1位獲得生産者の手掛けるシャルドネだ。カリフォルニアらしく果実の玉手箱のような華やかな味わいの1本。

・チャールズ&チャールズ・シャルドネ/K・ヴィントナーズ
今やワシントン州を代表するつくり手の1つとなったK・ヴィントナーズの手掛けるワイン。冷涼な気候を生かし、軽快な味わいとミネラル感のバランスが絶妙だ。

・シャルドネ/モンテス・アルファ
南米でもシャルドネは多くつくられている。チリの代表的なつくり手のモンテスは、南米シャルドネらしいバナナのようなトロピカルな香りと樽香のニュアンスを洗練された味わいにまとめあげた。

・アップル・ツリー・フラット・シャルドネ/ローガン・ワインズ
シャルドネはオーストラリアを代表する白ワイン品種でもある。こちらはニュー・サウス・ウェールズ州でつくられ、新進ワイナリーながらカンタス航空にも採用された。涼しい気候を生かしたシトラス系の味わいだ。

シャルドネの意味/品種

近年のDNA研究によって、ピノ種とグアイス・ブランシュの自然交配によって生まれたことが分かった品種。多くは単一品種ワインの原料となるが、オーストラリアではセミヨン種、イタリアではピノ・ブラン種とブレンドされることもある。シャンパンの原料としても知られ、多くの発泡ワインにも使用される。

ブルゴーニュ地方のシャルドネ村原産とされるが、村の名が先かぶどうの名が先かは明らかになっていない。
また産地により多くのシノニムを持つが、ジュラ地方で「ムロン・ダルボワ」と呼ばれることが多いほかは、ほとんどの地域で「シャルドネ」としてワインがつくられている。

Chardonnay Grapes

シャルドネの主な産地

フランスでは北部シャンパーニュ地方から西部ロワール河流域、南のラングドック地方まで広範で栽培されているが、特に北部ではその豊かなアロマと酸味が開花される。シャルドネの最も伝統的な栽培地域にブルゴーニュのシャブリが挙げられるが、通常のシャブリは樽醗酵や熟成は行わないため、シャルドネの芳香をそのまま楽しむことができる。

またフランスではシャルドネから、ムルソーやモンラッシェといった最高級白ワインから、日常的に楽しめるデイリーワインまで、実にさまざまなスタイルのワインが醸造される。

オーストリア、ドイツ、スペイン、スイス、イタリア、ハンガリー、その他ヨーロッパのワイン産地や、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカアルゼンチン、チリなどの新興国の産地など、ワインが生産されるところではどこでもシャルドネが栽培されているといって過言ではないほど世界的に人気で、各地で土壌や醸造家の個性を活かしたワインが生産されている。

2011 Chablis Grand Crus Les Clos from Domaine William Fevre

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で