ジンファンデル

ジンファンデルとは――味の特徴、おすすめワイン、主な産地をチェック

   

ジンファンデルアメリカのカリフォルニア州を代表するぶどう品種のひとつ。ジンファンデルからは色の濃い、果実の味わいがしっかりと感じられる骨太なワインが生まれる。南アフリカオーストラリアでも多く使用され、イタリアでは「プリミティーヴォ」という別名を持つ。

ジンファンデルの意味/品種

ジンファンデル(Zinfandel)とは、主にアメリカのカリフォルニア州で栽培されている赤ワイン用ぶどう品種。19世紀の初頭にアメリカに持ち込まれ、カリフォルニアのナパやソノマ・カウンティを代表するぶどう品種のひとつとなった。

30年近い議論の末、このジンファンデルのDNAはイタリアの黒ぶどうであるプリミティーヴォと同種であることが1990年代に判明した。このプリミティーヴォはイタリアでは南部のプーリアやサルディニアで広く栽培されていて、クロアチア原産であるという。

プリミティーヴォはイタリア語で「最初の」といった意味がある。その名前のとおり、この品種は比較的早く熟すことになる。

英名のジンファンデルについては、同名の村がサンフランシスコ郊外にあるが、それに由来するかどうかは定かでない。

また、プリミティーヴォの名前は「プリミティヴ=原始的な」を由来とするという説がちらほらと見られるが、正しい情報ではない。一方で、スペインの最も有名な黒ぶどう「テンプラニーリョ=little early one」も同様に、比較的早く熟すという意味で名前が付けられた。

Primitivo

ジンファンデルの特徴

果粒は中程度で色が非常に濃く、果皮は薄く、中くらいの房に果粒が密集している。果粒の熟成度にばらつきがあり、理想的な摘み頃を正確に判断するのが難しい。雨に弱く、乾燥に非常に強い品種である。濃い色調でアルコールが高めのしっかりしたボディのワインが多く、長期熟成に向いている。しかし、現代的な方法と伝統的な方法で造られたものの差は大きく、品種としての決定的なスタイルは未だ確立されていないとも言える。

Primitivo di Manduria, Apulia (Italy)

ジンファンデルの味わい/香り

味の強いイタリアワインにあってプリミティーヴォは特に酸味が強い。木いちごなどの香りを持った強い味わいのワインだが、保護原産地呼称ワイン(DOP)には少なく、地域特性表示ワイン(IGP)クラスのものに多く使われている。

カリフォルニアのジンファンデルはイタリアのものに比べると酸味は少なく、サクランボや黒すぐりのような香りに、クミンやコショウのスパイス香を合わせたような強い芳香がある。カリフォルニアではカベルネ・ソーヴィニヨンメルローと並ぶ重要な品種である。

ホワイト・ジンファンデルと呼ばれる明るいピンク色のロゼワインは、ミュスカやリースリングで香りを付け、ジンファンデルの黒い果皮を取り除き白ワインの製法を用いたものである。ジンファンデルが力強い味わいのワインであるのに対し、ホワイト・ジンファンデルは柔らかな味わいのやや甘口で、価格帯も低い。

力もありタンニンもしっかりしていることから、肉料理に合わせたい。味のしっかりついたバーベキュースタイルの肉や、ローストしたラムなどにぴったりだ。また、ビターで味の濃いチョコレート・ケーキにも相性が良い。

White Zinfandel

ジンファンデルの主な産地

イタリア南部のプーリアでは18世紀中頃から栽培され、アメリカ東海岸に1800年代に渡り、カリフォルニアでは1880年代後半から盛んに栽培されるようになった。

カリフォルニアの一部の醸造家は、限定された地区の完熟した高品質なブドウを使い、良質のオーク小樽で熟成させる、クラシック・ジンファンデルと呼ばれる高品質ワインの醸造に取り組んでいる。これは、この品種の栽培に適した地区の、完全に熟した質の高いブドウを使い、小型の良質のオーク樽で熟成させている。

また、アメリカ以外では南アフリカとオーストラリアで多く栽培され、ワインはジンファンデルあるいはプリミティーヴォという名前で販売されている。

1970年代に多くのイタリアのワイン生産者たちがプリミティーヴォで作られたワインを米市場に投入するため、「ジンファンデル」の名前で販売をしたが、現在は反対の現象が起きている。イタリアのマンドゥーリア産などのプリミティーヴォのワインが脚光をあびたのを見たカリフォルニアの生産者たちが、ジンファンデルのワインを「プリミティーヴォ」の名前で販売し始めた。

それゆえに、現在はアメリカ産のプリミティーヴォ・ワインや、イタリア産のジンファンデル・ワインがちらほらと見られるようになった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で