南北に流れるローヌ川沿いにはたくさんのワイン生産地がある。これらを総称したのがコート・デュ・ローヌだ。その北部では総じて急な斜面にぶどう畑がつくられており、機械による作業が困難なため畑仕事は手作業で行われる。強い陽射しに恵まれていることから、陽射しに関係する地名も多い。

主な生産地としては、左岸に展開するコート・ロティ、シャトー・グリエ、コンドリュー、サンジョセフ、コルナス、サン・ペレイ。同じく右岸に展開するエルミタージュやクローズ・エルミタージュ、クレレット・ド・ディーがある。

つくられるワインとしては、ヴィオニエ種やマルサンヌ種、ルーサンヌ種による白ワインがある。また赤ワインはシラー種によるものが多い。シラー種は強いタンニンと野生的な味わいを持つため混醸されるものが多いが、中には100%シラー種の産地もある。

【コート・デュ・ローヌ北部の主な生産地】

<コート・ロティ>
コート・デュ・ローヌ地方の中でも最北端、リヨンのすぐ南に位置する。「火あぶりの斜面」という意味通り、日当たりのよい南東向きの斜面に畑がある。コート・ブロンド、コート・ブリューヌの2つの畑が特に有名。

<シャトー・グリエ>
ローヌ川沿い、コンドリューによって囲まれた一画にある。ヴィオニエ種からつくられる辛口白ワインは、フランス4大白ワインにも数えられるほどの品質を誇る。「焼け焦げた城」という意味があり、この地の強い陽射しから名付けられている。

<コンドリュー>
コート・ロティの南に接するローヌ川左岸。ヴィオニエ種発祥の地といわれる生産地。砂壁に守られた畑により、ミネラルを豊富に含んだ風味豊かなヴィオニエが生み出される。コート・シャティヨン、コトー・ド・シェリーといった畑が有名。

<サンジョセフ>
ローヌ北部地域、右岸に広がる。クローズ・エルミタージュに次いで広大な面積(1220ha)を誇る。ワインはシラー種単体による赤。広大な敷地ゆえ生産者や地域によって品質にはばらつきがあるが、殊のほか上質なワインもある。

<エルミタージュ>
すり鉢状の巨大な段々畑が特徴。その美しさは「ローヌ川の奇観」とも称えられる。シラー種単一品種による赤のほか、ルーサンヌやマルサンヌによる白も少量つくられている。

<クローズ・エルミタージュ>
ローヌ北部最大のぶどう畑を有する。生産量はこの地方の60%を占め、2011年の生産量は70,000hlにも及ぶ。その広大さゆえにテロワールは様々。赤ワイン・白ワイン共にエルミタージュとよく似た仕上がりだが、やや口当たりは柔らか。

<コルナス>
東部の山々に囲まれた急斜面に位置する。その急斜面ゆえ、畑仕事は手作業で行われる。シラー種100%の赤ワインのみがつくられており、シラー種特有の強いタンニンと野性味あふれる濃い味わいを味わえる。

<サン・ペレイ>
ヴァランセの西側、コルナスの南に位置する。マルサンヌ種、ルーサンヌ種による辛口の白ワインのほか、スパークリングワインもある。フレッシュな白ワインは、モーパッサンなどフランスの文豪に愛飲されたことでも知られる。

<クレレット・ド・ディー>
アルプスから流れるドローム川とイーゼル川に挟まれたAOC。スパークリングワインの生産量が多く、地域を代表する生産者としてジャイアンス社がある。2~4℃という超低温での発酵が行われるのが特徴(メトード・ディオワーズ・アンセストラル)。

<シャティヨン・アン・ディオア>
ローヌ地方中心部から南東側へやや外れた、谷あいにある村。あまり生産量は多くないが、シャルドネ種やアリゴテ種による白ワインがつくられている。ごく少量ながら、ガメ種による赤やロゼもある。

  • 未分類

    コート・ロティワインの特徴とは

    コート・ロティの気候・風土 コート・ロティ(Cote-Rotie)は、フランス南部にあるワインの広域生産地帯、コート・デュ・ローヌ地方の中でも最北端にある。位置はリヨンのすぐ南で、ローヌ川に面している。 コート・ロティと…

  • 未分類

    クレレット・ド・ディーワインの特徴とは

    クレレット・ド・ディーの気候・風土 クレレット・ド・ディーは、アルプスから流れるドローム川とイーゼル川に挟まれたディー村で作られるワインに認められたAOC(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)。片岩質を多く含む泥灰土か…

  • 未分類

    シャトー・グリエワインの特徴とは

    シャトー・グリエの気候・風土 シャトー・グリエはローヌ地方北部にあるワインの産地。ローヌ川沿いにブドウ畑が広がっている。リヨンから南に少し行ったあたりの土地だ。 シャトー・グリエでは、同名のシャトー・グリエという生産者が…

  • 未分類

    コンドリューワインの特徴とは

    コンドリューの気候・風土 コンドリューはフランス北部・ローヌ地方にあるが、その土地は115haと決して広くはない。栽培しているブドウもヴィオニエのみとなっている。 段々畑に広がっているコート・ロティと接近しているにもかか…

  • 未分類

    サンジョセフワインの特徴とは

    サンジョセフの気候・風土 サンジョセフはローヌ川の西岸、およそ50kmにわたって広がるワインの産地だ。 ローヌ北部地域にあり、クローズ・エルミタージュに次いで広大なブドウ畑と言われている。その面積は1220haにも及ぶ。…

  • 未分類

    エルミタージュワインの特徴とは

    エルミタージュは、シラー種のみを使用した赤ワインで有名。長期熟成が可能で、10年から20年寝かせるとベストな状態になる。その歴史は古く、フランスの宮廷御用達ワインになったばかりか、ロシア皇帝のお気に入りワインであったとい…

  • 未分類

    コルナスワインの特徴とは

    コルナスの気候・風土 コルナス(Cornas)はローヌ北部の東側に位置する。山々に囲まれた地域に隣接しているため、急斜面を利用してぶどうを栽培している。ただ、コート・ロティなどと比べるとそれほど険しい傾斜ではない。畑の面…

  • 未分類

    サン・ペレイワインの特徴とは

    サン・ペレイの気候・風土 サン・ペレイはヴァランセの西側、コルナスの南に位置するワインの産地だ。その敷地面積はわずか80 ha。ローヌ川の外れでひっそりとぶどうを栽培している。 栽培されている品種は、ルーサンヌとマルサン…